やってしまった!メイクを落とさず寝てしまった時にするべき対処法

  • 更新日:2017/06/09
びはだ びよう

「あー!やってしまった!!!」おそらく誰もが経験したことがあるのではないでしょうか、朝の非常事態(笑)。酔っぱらって帰って来てそのまま…仕事で疲れていてつい。うっかり、メイクを落とさずに寝てしまった時にするべき対処法をご紹介します。

メイクを落とさず寝てしまった時

■ メイクを落とさず寝てしまうと…

日中お肌を美しく魅せてくれるメイクも、寝ている時はただの汚れです。メイクをしたまま寝てしまっても皮膚呼吸はできますが、一日を通してついた肌の汚れや分泌された皮脂、ファンデーションの成分などが混ざりかなり不衛生。毛穴をつまらせたり、酸化した油分で黒ずんだり、刺激を与えてニキビの原因になってしまったりと、お肌にかなりのダメージを与えてしまいます。

 

■ メイクを落とさず寝てしまった翌日の過ごし方

1. 時間があればお風呂につかって!

もし、朝早めにきづいた場合は、お風呂につかって代謝を上げてあげましょう。血流をあげて、どんよりしたく“くすみ顔”を解消。時間がなければ、シャワーだけでも効果は期待できますよ。

 

2. きちんとクレンジング&マッサージ

優しく、丁寧に、いつもより長めにマッサージしながらしっかりクレンジングをして、洗顔を行いましょう。弱ったお肌に、ゴシゴシ洗いは当然絶対NGです。中指&薬指を使ってクルクルとマッサージすると、力の入り過ぎを防げるのでオススメです。

 

3. 温タオル・冷タオルで“温冷美容法”

お風呂の時間がなくても必ずやっておきたいのは、ホットタオルで顔を温めての毛穴ケア。酸化した皮脂が毛穴につまったままさらに一日過ごすと、角栓がつまり毛穴を大きくしてしまう可能性が。

 

洗顔後に、温かいタオルと冷たいタオルを用意して、温める・冷やすを何度か繰り返すと、血行がよくなりくすみ解消になり、毛穴もきゅっと引き締まります。

 

4. 化粧水・シートマスクでしっかり保湿

メイクを落とさず寝てしまうと、ベタつきとつっぱり感を同時に感じたりしますよね。それは、水分を奪われた肌のバリア機能を守ろうと、皮脂を分泌した結果です。そんな弱ったお肌には、化粧水をたっぷり補給し、シートマスクでしっかり保湿をするのが大切。できれば、敏感肌用などの刺激の少ないマイルドなアイテムをおすすめします。

 

5. 栄養補給で体の内側からお肌の修復を

ビタミンCをはじめとする、抗酸化作用のあるビタミンEやポリフェノール、細胞の修復に欠かせないタンパク質など、栄養をバランスよく補給して。

 

6. 質のよい睡眠を

ダメージを受けた細胞は、寝ている間に修復されます。さらに、それを促す “成長ホルモン”は眠りについてから3時間のあいだに多く分泌されるとされています。ぐっすり眠れるように、ゆっくりお風呂につかってみたり、ハーブティーやアロマなどを取り入れてみたり、ゆったりリラックスして入眠できるよう工夫してみましょう。

 

どんなときでも、ダメージを受け弱ったお肌へのスキンケアの基本は、しっかり“保湿”と肌に刺激をあたえない“優しい”ケアです。「いじめてごめんね」と、いたわる気持ちできちんとケアをしてあげてくださいね。

 

 

Pick Upアイテム

TVや雑誌で話題沸騰!24h落とさなくてもOK!24hファンデーション★送料無料★

京のすっぴんさん「絹肌べっぴんフェイスパウダー」

あのミネラルファンデが「トライアル」になって新登場!!

  • 山口 奈里子 (モデル)

    ホリスティックビューティーの観点から"内外美容"を追求。ストレスフリーで持続可能な心と体の健康美を提唱。『ココロ・カラダ、キレイ』をモットーに、各種メディア出演、講演、レシピ監修を行い美の発信を行う。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag