ビューティー

30代の【おねえさん】か【おばさん】かの境界線!男はココで判定していた!

I'mPinch

いつまでも年齢を感じさせない【キレイなおねえさん】でいたい!大半の女性が思っていますよね。

昨今の美魔女ブームもあり、とっても魅力的なおねえさんたちが注目されていますが、一方で「おばさん化」まっしぐらで、本気でヤバい!!!と焦りを感じている方もいるのではないでしょうか。

実際、【おねえさん】と【おばさん】の境界線については、明確な指標はありません。

しかしながら、男性からすると明確に差があるようです。

今回は誰もがいずれはこの局面に遭遇するであろう「おばさん化」を回避するためにも、この指標と解決策を考えたいと思います。

 

■【おねえさん】と【おばさん】の境界線とは?

1:見た目が若いかどうか

最大にして最優先される基準がこの【見た目】。

・お肌の状態

・体型

・ファッション

・姿勢、歩き方

・髪の毛の状態

 

中でも化粧ノリやほうれい線、しみ・シワなど【お肌の状態】が最もおばさんを感じさせてしまう様です。また髪の毛のツヤのなさや白髪、中年太りなどが若々しさに影響していると感じる人も多くいるようです。

  

2:恋愛対象になるか

一緒にいて女を感じられるか、つまり恋愛対象になるかどうかが判断基準になっているようです。

 ・女性らしさ

・色気がある

・キレイ、可愛い…と感じさせる容姿

ドキっとしてしまう人に「おばさん」は感じないですよね。確かにうなずけます。

  

3:コミュニケーションに違和感がないか

気を付けたいのが、自己中心的なコミュニケーション!!

自分に甘く、他人に厳しくなったり、図々しい態度をさも当たり前の様に振る舞うなんて態度はもっての外です!

女性は歳をとると人の目を気にするという価値観がゆる~くなりがち。

恥じらいを捨ててしまっている…なんて方は、間違いなく自分がおばさん化していると思って下さい。

さりげない気遣いが出来て、品のある好感度の高い女性こそが【おねえさん】のようです。

 

■35歳が大きな分かれ道!!

それでは、年齢で考えると一体いくつまでが【おねえさん】でいくつからが【おばさん】なのでしょうか?

女性の実年齢をズバリ当てられる男性はほとんどいないため、先ほどの【お肌の状態】をはじめとする見た目の境界線にもあるように、“実年齢がいくつか”よりいくつに見えるか”が重要です

つまり老けスピードが深刻になると言われている35歳がボーダーラインと言えそうです。

 

みなさんはいいかがですか?

ふと鏡や電車の窓にうつる自分を見て、ハッとしたことはありませんか?前は気にならなかった、目尻のシワやくっきりしてきたほうれい線……。

いつまでも20代の頃と同じケアを続けていると、老けスピードが加速して取り返しがつかなくなるかも。

 

そんなお肌に自信が持てないと感じている35歳以上の女性にご紹介したいのが、この季節にすべきエイジングケアです。

本当に差がつく年齢だからこそ、今こそ正しいアンチエイジングを学んでおきましょう。

 

■この季節にエイジングケアを始める理由

実は秋は一年の中で最も肌が老ける季節と言われているのをご存知でしょうか?

それは夏に受けた紫外線などのダメージが積み重なってバリア機能が低下し、さらに気温と湿度の変化に肌がついていけず乾燥が進行してしまうから。

老けて見られる原因のシワやくすみ、毛穴の開きなどの肌悩みには、その根源である「乾燥」対策をしっかり行うことが重要

つまり夏の暑さがひと段落し、秋に向かう今の季節こそ肌の土台部分から保湿することが大切なのです。

 

そしてもう一つ鍵となるのは、何といってもコラーゲン!

体内で行われるコラーゲン生成は、20代くらいまでは活発に行われますが、40代ではその半分しか作り出せなくなるのです。

だからこそ、35歳を過ぎたら早めの正しいアンチエイジングが必須なのです!

そこで今、美容業界で話題になっている日本初の新成分をご存知でしょうか?

 

■アジア女性の肌のキメが細かい理由=「発酵」

納豆やお味噌など、発酵食品は、私たち日本人にとってかなり身近なもの。美容大国の韓国でも、キムチやマッコリなど発酵の食材が多く、欧米人に比べてアジアの女性は肌のキメが細かいと言われています。

そんな美の秘訣である"発酵"は、化粧品の成分でも美のパワーを発揮してくれるのです。 特にいま注目されているのが日本初の独自技術で開発された" 植物由来の発酵エキス"。

 国産大豆と米ぬかを納豆菌で発酵させたもので、プラセンタやビタミンC以上のコラーゲン生成力があるのです。そのアンチエイジング力の高さから「植物性のプラセンタ」とも言われるほど。

コラーゲン生成力が減少した35歳以上のお肌にとって、コラーゲンを作り出す力を高めることはシワやほうれい線に大いに期待できそうです。

 

■見た目年齢が-23歳!!この女性の秘密とは?

beauty_20140918_5

突然ですが、写真の女性は何歳くらいだと思いますか?

インターネット上のアンケートでは、28歳と答えた方が最も多い結果となりました。

若々しくツヤのあるお肌と爽やかな笑顔を見ると、20代と言われても納得しますよね。

 

しかし彼女の実年齢は……なんと51歳

この写真の女性、岡本幸代さんは、見た目年齢マイナス23歳を実現した驚異的な見た目とお肌の持ち主。そんな彼女も、40代のころは肌の乾燥や目尻の小ジワ、ハリのなさといったお肌の悩みを抱えていたそうです。

そんな彼女の肌が変わったのは、衰えた自肌力を呼び覚ますピンチ肌化粧品『I'm PINCH(アイムピンチ)』に出会ってからなんだとか。

 I'mPINCH

このI'm PINCHは、先ほどの日本初の"植物由来の発酵エキス" を主成分とした美容液。

その配合率は業界では異例の30%という高さ!

その他にも、コラーゲンやヒアルロン酸といった14種類の美容成分を贅沢に配合した濃厚なテクスチャーのI'm PINCHは、隠したくても隠しきれない年齢サインが出たピンチ肌を救ってくれるお助け美容液だと話題です!

 

主成分である発酵エキスの アンチエイジング効果を裏付けるように、I'm PINCHでは乾燥小ジワやほうれい線、肌の水分量・ハリ・弾力など数々の臨床試験を行っているよう。

特に目尻の小ジワに対して28日後の変化を見る試験は、医学雑誌に掲載されたというお墨付き!

 

今ならこの「衰えた自肌力を呼び覚ますピンチ肌化粧品I'm PINCH美容液を約1週間分試せる"7日間美肌実感コース"が半額以下になる特別キャンペーンを実施中です。

トライアルセット

うるおい効果を感じられなかったらいつでも全額返金できるので、安心して試せるこのキャンペーンを使って試して下さいね。

 くわしく見る

■いかがでしたか?

出来るコトなら【おばさん】ではなくいつまでも【キレイなおねえさん】で居続けたいですよね。一方で、シワやほうれい線はあきらめるしかないと思いがち。

今からでも遅くはありません!一日でも早くエイジングケアを始めれば、見た目年齢に差をつけることが出来ます。

 I'm PINCHのチカラを借りて、実年齢より若く見せちゃいましょう。

 

 

■関連サイト■

I’mPINCH-「衰えた自肌力を呼び覚ますピンチ肌化粧品I'm PINCH美容液」

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ