ビューティー

乾燥性敏感肌の正しいお手入れ方法

ビューティー 女子ライター

みなさん、こんちには。

美容家/ビューティープランナーの斎藤可奈子です。


冬に多い肌悩みの代表として乾燥がありますよね。

今年の冬は例年以上に寒さが厳しく、乾燥に悩んでいる方も多いでしょう。

しかし、乾燥もお肌が乾燥しすぎてしまい、外部からの刺激に対してお肌が過敏に反応し、敏感になってしまうと「乾燥性敏感肌」になってしまいます。


「乾燥性敏感肌」は、普段使用している化粧品がしみたり、かゆくなったりして使えなくなり、保湿機能が低下してお肌に潤いやハリが

なくなるだけでなく、お肌のバリア機能も低下し、肌荒れなどの大きな原因にもなってきてしまいます。

 

今回は冬に多くなる「乾燥性敏感肌」についてお話しします。


■乾燥性敏感肌って?

私たちはさまざまな外部からの刺激、気温の変化・乾燥・ダニ・ハウスダスト・雑菌などにさらされて生活しています。

そんな環境化でも、お肌が健康な状態を保っていられるのは、身体を覆う皮膚が、外部刺激をブロックして守ってくれるバリアのような働きバリア機能があるからです。

しかし、バリア機能が低下すると、お肌が乾燥しやすく敏感な状態になり、外部からの刺激が皮膚に侵入してしまい、ひりつきやかゆみなどの異常な反応や拒絶反応を起こした肌。この状態が「乾燥性敏感肌」です。


■乾燥性敏感肌の特徴

 

●バリア機能の低下

●かゆみ、ひりつき

●うるおい、うるおいキープ力の低下

 

角層は角質細胞同士が積み重なってできていますが、そのすき間を接着剤のように埋めているのが、セラミドなどで構成される細胞間脂質です。

この細胞間脂質が減少すると、外部からの刺激や異物が入りやすくなるわけですが、同時に内側のうるおいもどんどん逃げ出してしまうのです。

なので、いくら保湿をしても、すぐに水分が蒸発してしまい、乾燥はなかなか解消されません。この「水分キープ力の低下」も、「乾燥性敏感肌」の特徴のひとつです。

 

いちど「乾燥性敏感肌」になると、なかなかもとに回復しにくいのです。

その原因は「かゆみはひりつきの発生」にあります。過敏になった肌はちょっとの刺激でも炎症を起こし、かゆくなります。

かゆいからといって皮膚をかき続けると、皮膚の表面に傷がつき、さらにバリア機能が失われることに。

その結果、炎症が悪化してよりいっそうかゆみが強くなるという乾燥悪化ループに陥り、肌トラブルが長引いてしまうのです。


■乾燥性敏感肌には「セラミド」

「セラミド」は、人の皮膚の角層に多く存在し、主に、

●外部刺激の皮膚ヘの侵入を防ぐバリア機能

●角層の水分を保持する機能

という、2つの重要な働きがあります。

「乾燥性敏感肌」の多くは、この「セラミド」が不足している状態です。

バリア機能を充分に果たせず、外部刺激が侵入しやすくなっていますので、「セラミド」の働きを補うことが必要です。

「セラミド」は10代半ばをピークに加齢に伴って減少します。そして、40代では半減するとまで言われています。

 

「乾燥性敏感肌」には、まずは「セラミド」をしっかりと補給することが大切です。

「セラミド」の配合されている化粧品を使って、まずはお肌を健康な状態へ戻してあげましょう。


■対策3:スキンケアであたためる

スキンケアの時などにお顔をやさしく指でタッピングするのも効果的です。

バシバシ叩くのではなく、やさしくお顔をタッピングすることにより、血行が良くなり、顔の温度があたたかなってきます。

また、冬は化粧水やクリームが冷たくなってしまっていますよね?

そんな時は、手のひらの熱で温めてからお顔に伸ばすことで、お顔を冷やすことなく、浸透も良くなるので、おすすめです。


いかがでしたか?

乾燥も度がすぎてしまうと、一時的に「敏感肌」になってしまいます。

バリア機能が壊されないように、しっかりと「セラミド」補給をしながらお手入れしていきましょう。

  • 斎藤 可奈子(美容家)

    某日本最大手化粧品メーカーにて、ビューティーコンサルタント7年、化粧品メーカー2社で商品企画を経て、手掛けた商品が美容媒体にて13賞受賞。その後、株式会社La Shibuya Anelaを設立。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ