ビューティー

コスパ抜群! “はちみつ”を使った美容テクニック

びはだ びよう

厳しい寒さと乾燥という、お肌に過酷な季節がやってきました。今回は、そんな季節に是非取り入れてみて欲しい、はちみつスキンケアのお話です。


はちみつは、ビタミン・ミネラルや必須アミノ酸が豊富に含まれていて美容食材ですが、スキンケアにも有効でたくさんの化粧品にも応用されていますね。食用のはちみつなら、食べてよし、肌につけてよし、高機能の化粧品に比べるとコスパも抜群の美容の味方です。



お肌が乾燥すると・・・

乾燥して敏感になったお肌は、表皮の『角質層』が荒れて内部の水分が蒸発してしまい、カサカサの状態が悪化。外部の刺激物質が侵入しやすくなり細胞がダメージを受けやすく、お肌の正常なターンオーバーも乱れがち・・・という悪循環に陥ってしまいます。



■はちみつってこんなにすごい!■

はちみつには、高い保湿性、殺菌・抗菌作用、消炎作用、軽いピーリング作用があり、浸透力も優れています。乾燥肌、肌荒れ改善、ニキビケア、角質ケア、アンチエイジングにも様々な美容効果が期待出来ます。


口に入っても安心なので、冬のかさかさリップの集中ケアにもぴったり。ビタミンB群やナイアシンには、肌荒れを整える働きがあり唇の荒れにもよく効きますよ。



■ HOW TOはちみつ美容■

頭皮から手足まで、全身どこにでも使えます。スキンケアアイテムや洗顔料などに1〜数滴まぜるだけでOK。(※アレルギー反応がないか、パッチテストをしてください。)ベタつきが気になる場合は、夜寝る前がオススメです。


・クレンジングに

・洗顔料に

・化粧水や乳液・クリームなどに

・ボディークリームに

・ハンドクリームに

・シャンプーやコンディショナーに


・リップに直接ぬって、ラップをしてパック。温めるとさらに効果的。

※ あたためた金属のスプーンの腹で、唇や目元などに優しくあてて温めるのもオススメです。


■はちみつパック

・入浴中なら・・・

洗顔後、はちみつ(固い場合は水でのばして)を薄く肌にのばします。

10分くらいおいて洗い流します。全身パックするのも◎。


・お風呂でなければ・・・

・はちみつを肌にのばした後、しばらくホットタオルをあてましょう。そのまま拭き取ればOK。



■ はちみつ選びのポイント

・単花蜜・・・色々な花の蜜が混ざったものでなく、一つの花の蜜を集めたもの方が効果的のよう。アカシアやレンゲなどがさらっとしていて使いやすい。マヌカハニーは殺菌・修復力に優れています。

・非加熱・・・加熱処理をすると、ビタミンやミネラルなどの有効成分が死んでしまうため、100%天然の純粋はちみつを選ぶこと。安価すぎるものは添加物が入っている場合があるので注意。原産国では、ニュージーランド産やドイツ産、国産のものは安心度が高そうです。



■ ■コレで美肌偏差値UP!■ ■

・はちみつは、食べてよし、つけてよしの、万能美容アイテム!

・単花蜜で、非加熱の100%純粋はちみつを選びましょう。



Written by Nariko Yamaguchi

  • 山口 奈里子(モデル)

    ホリスティックビューティーの観点から"内外美容"を追求。ストレスフリーで持続可能な心と体の健康美を提唱。『ココロ・カラダ、キレイ』をモットーに、各種メディア出演、講演、レシピ監修を行い美の発信を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ