ビューティー

オーガニックコスメとナチュラルコスメって違うの??

ビューティー 女子ライター

みなさん、こんちには。


美容家/ビューティープランナーの斎藤可奈子です。



ここ近年、オーガニックコスメ・ナチュラルコスメなど、「お肌に安心」「お肌にやさしい」というイメージから、食だけでなく、美容にもそういった自然派のコスメが多くなってきました。


かつて、化粧品がない時代には、女性たちは米ぬかなどの食材や植物の力を借りてお肌をケアしていました。


しかし、現代では、「なんとなくナチュラルやオーガニックのコスメの方がお肌に優しそう」などのふわっとしたイメージで使用している方も多いのでは?


またナチュラルコスメとオーガニックコスメも違うものなのです。


今回はそんなオーガニックコスメとナチュラルコスメの違いについてお話しします。


まず、現在日本では「ナチュラル」と「オーガニック」の明確な定義はありません。


判断は全て各化粧品メーカーに任されているのです。


オーガニックナチュラルの違いからお話しします。



■オーガニックコスメとは?


“オーガニック(organic)=有機” が意味するとおり、農薬や化学肥料を使わず、遺伝子操作をしない有機栽培された植物原料を使ったコスメのことを言います。


本当に「オーガニック」によって作られた植物なのかどうかを証明するためには、第三者機関の認定を受けなければなりません。


「オーガニック認定」済みのコスメということになります。


しかし、このオーガニック認定基準は各国それぞれに設けられていて、国によってもその基準は違います。


日本ではナチュラルコスメやオーガニックコスメを認定する第三者機関がほとんどありません。


ヨーロッパやアメリカでは独自に基準を設けて、ナチュラルコスメやオーガニックコスメの認証を行っています。


日本でも、これらの認証を取得したコスメが販売されています。



■ナチュラルコスメとは?


植物の抽出エキス等、自然界の植物原料を用いたコスメのことを言います。


ナチュラルという言葉は、オーガニックよりも曖昧です。


「自然の物質から由来された成分」をナチュラルと呼んでいる事が多いようです。


植物由来だとは言っても、一部でも天然原料が配合されていれば製造の過程で合成薬品が使われている事もあり、そんな商品でも「植物由来」の「ナチュラル」なコスメとして宣伝されているものもあります。



■本当にお肌にやさしいの?


オーガニック認証は各国で厳しい基準を設けているため、オーガニックコスメを選ぶ際の一つの基準にすることができます。


しかし、ここで安心をしてはいけないのは、オーガニック認証を受けているからといって、配合されている全ての成分が自然由来の成分とは限らないのです。


例えば、ドイツのオーガニック認証であるBDIHでは保存剤として「安息香酸、サリチル酸、ソルビン酸、ベンジルアルコール」などの石油由来の成分の使用が認められています。


しかし、これらの成分は旧厚生省が定めるアレルギー性のある成分として定め「102の表示指定成分」に入っています。


つまり、オーガニック認証を受けたコスメだからと言って、安心できる成分だけが配合されているわけではありません。



■本当にお肌にやさしいコスメって?


ナチュラルコスメだから大丈夫。


オーガニック認証を受けているから大丈夫。


と判断せずに、自然のコスメを選ぶ場合もまずはどんな成分が入っているのかを確かめてコスメを選ぶことが大切です。


そして、もっと大切なことは自分のお肌に合っているかということ。


自分のお肌を知ることが大切です。


コスメには薬事法で全成分表記が義務付けられているため、パッケージの裏にどんな成分が配合されているかがきちんと記載されています。


また、多くのナチュラル&オーガニックコスメのメーカーは、HPやパッケージなどで配合成分について説明をしています。



■さいごに


どんなコスメもまずは、自分のお肌を知ることから始めて、自分に合ったものを取り入れて健やかな素肌を手に入れましょう。

  • 斎藤 可奈子(美容家)

    某日本最大手化粧品メーカーにて、ビューティーコンサルタント7年、化粧品メーカー2社で商品企画を経て、手掛けた商品が美容媒体にて13賞受賞。その後、株式会社La Shibuya Anelaを設立。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ