ビューティー

【今月の美人野菜】12月 ごぼう

びはだ びよう

こんにちは、ホリスティックビューティーアドバイザーの山口奈里子です。


今月の美人野菜は、根菜の代表選手『ごぼう』をPICK UP!


ごぼうはかつて、中国から薬草として渡来したと言われています。


1年中お店に並んでいて、春まきと秋まきがありますが本来の旬は紅葉のシーズンの秋から冬。



ごぼうのうれしい栄養


ごぼうとビタミンはあまり含まれませんが、カリウム、鉄、カルシウムや骨の合成を助けるマグネシウム、亜鉛などミネラルが含まれています。


また、水溶性・不溶性ともに食物繊維がたっぷり!


可食部100g中に5.7gもの食物繊維を含みます。


水溶性の食物繊維は、腸内の有害物質が体内に吸収されるのを妨ぎ、排便を促します。


不溶性食物繊維のひとつで、ゴボウに含まれる「イヌリン」は、糖質が腸から吸収されるスピードをゆるやかにし、血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。



期待出来る効果


便秘解消、腸内環境正常化、デトックス作用、むくみ防止、骨を丈夫にする、ホルモンバランスを整える、生活習慣病予防etc…



美味しいごぼうの選び方


まっすぐに伸びていて、太めでしっかりずっしりしたもの。ひげの少なくひび割れていないものを選びましょう。



保存方法


乾きやすく鮮度が落ちやすいので、早めに。


新聞紙に包んで冷暗所に。洗った場合は、保存袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。



オススメレシピ


寒い季節に嬉しい、ごぼうのスープです。


朝食にもぜひ。



ごぼうの豆乳ポタージュ

y-1218-00



【材料】

ごぼう・・・1本

たまねぎ・・・1/2個

にんじん・・・1/2本

バター・・・10g

水・・・適量(約600cc)

コンソメ・・・適量

豆乳・・・300〜400cc

しょうゆ・・・小さじ1強



① ごぼうをよく洗って、ななめに薄切りにし、すぐ酢水にさらす。にんじん、たまねぎを薄切りに。


y-1218-01



② 鍋にバターをとかし、野菜をこげないように炒める。


y-1218-02



③ ごぼうに火が通りすきとおってきたら、ひたひたの量まで水を入れ、ふたをして具材が柔らかくなるまで煮る。(10分程度)


y-1218-03



④ 豆乳としょうゆを加え、煮立つ手前まで火にかける。


y-1218-04



④ ⑤ なめらかになるまで、ミキサーにかけて完成。


y-1218-05



POINT

・香りやうまみが皮にあるので剥かず、泥つきごぼうはタワシでよく洗って使うとよいでしょう。

・ごぼうのポリフェノールと酵素の仕業で、切ると変色します。すぐに酢水にさらしましょう。

・冷しても美味しくいただけます。

・京都には、中に空洞が出来る堀川ごぼうという伝統品種があります。お 正月にぴったりなので、手に入れる機会があれば是非。



Written by Nariko Yamaguchi

  • 山口 奈里子(モデル)

    ホリスティックビューティーの観点から"内外美容"を追求。ストレスフリーで持続可能な心と体の健康美を提唱。『ココロ・カラダ、キレイ』をモットーに、各種メディア出演、講演、レシピ監修を行い美の発信を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ