ビューティー

実は秋冬の方が多い?!紫外線量と対策

びはだ びよう

こんにちは、ホリスティックビューティーアドバイザーの山口奈里子です。


ぽかぽかと柔らかい日差しが心地いい秋冬、ついつい油断しがちですがUVケアはきちんとしていますか?


実は、警戒している夏場よりも冬の方が紫外線量が多いかもしれない・・・という事実をお伝えします。


ya1204



■紫外線を浴びる量に注目!秋冬の油断に要注意


夏に比べると量は少なくなりますが、冬も紫外線はしっかり降り注いでいます。


紫外線の種類について、「UV対策の新基準! 「日焼け止め」をきちんと味方に、美肌を保つ。」も参考に、おさらいしておきましょう。


UVA・・・肌を黒くする。紫外線の中ではエネルギーは弱いが、肌の深い部分まで到達する。


長時間の積み重ねで真皮内のコラーゲンなどを変形させ、しわやたるみの原因に。


別名、生活紫外線。


UVB・・・UVAよりエネルギーが強く、主に皮膚の表面(表皮)に影響を及ぼす。ヒリヒリ赤くなる炎症を引き起こしシミの原因に。別名、レジャー紫外線。


冬の紫外線量は、真夏の3分の1程度と言われていますが、注意したいのはUVAを浴びる量の積み重ね。


夏のようにジリジリ日差しを感じない分、気を抜いて陽にあたってしまったり、UVケアをせず外出するのは危険です。


例えば、真夏の10分で浴びるUVAを100%とすると、冬の30分間浴びた紫外線量を計算すると、100×1/3×3=100%。つまり、真夏の10分と冬の30分は、ほぼ同じ紫外線量ということになります。


30分以上、日なたぼっこをしていたら、真夏の10分より多く紫外線を浴びている計算になってしまうのです。



■ 秋冬にオススメしたいUV対策


・UVAは部屋の中まで届きます。家具を配置していた場所の日焼けが起こるのもUVAが原因です。カーテンごしの柔らかな光だから大丈夫、なんて事はありませんのでご注意を。


・UV機能のついた日中美容液や、ベース、ファンデーションなど、冬も必ず日焼け止めを使いましょう。ちょっとの外出だからすっぴんで・・・なんて時も必ず日焼け止めを。


・冬場に乾燥したお肌は、バリア機能が落ち紫外線からのダメージも受けやすくなってしまいます。普段のお手入れから、保湿力の高いスキンケアをしっかりと。野外スポーツなどの前にはシートマスクで肌の水分量をあげましょう。


・体の内側から水分を補給する事も大切。ビタミンCやポリフェノールなど抗酸化作用成分の入ったハーブティーで内側からの紫外線対策もオススメです。ローズヒップティーやルイボスティーは抗酸化力バツグン。


・目からの紫外線情報も、全身にメラニン色素をつくり出します。日中はサングラスを着用することを心がけて。



■ ■ コレで美肌偏差値UP!■ ■

・ UVAからのダメージは、浴びる量の積み立て型。秋冬の油断に要注意

・ 乾燥肌は紫外線ダメージを受けやすくなるため、しっかり保湿を



Written by Nariko Yamaguchi

  • 山口 奈里子(モデル)

    ホリスティックビューティーの観点から"内外美容"を追求。ストレスフリーで持続可能な心と体の健康美を提唱。『ココロ・カラダ、キレイ』をモットーに、各種メディア出演、講演、レシピ監修を行い美の発信を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ