ビューティー

美容にも疲労にも良い最新入浴法「ヒートショックプロテイン入浴法」??

ビューティー 女子ライター

みなさん、こんちには。


美容家/ビューティープランナーの斎藤可奈子です。



だんだん気温もさがってきて、身体を温めるゆっくりの入浴が気持ちいい季節ですね。


健康や美容に良い入浴方法といえば、「半身浴」が有名ですよね。


最近注目されている入浴方法に「ヒートショックプロテイン(HSP)入浴法」という全身入浴方法があります。


42℃の熱めのお湯で全身入浴する「半身浴」とは真逆の「HSP入浴法」が美容にも健康にも効果的と言われているんです。


今回はオリンピック選手やアスリートも採用している最新の「ヒートショックプロテイン入浴法」についてお話しします。



ヒートショックプロテインってなに??


まずは「ヒートショックプロテイン(HSP)」とは、


・ヒート=熱

・ショック=刺激

・プロテイン=タンパク質


別名「ストレスタンパク」とも呼ばれています。



私たちの身体は水分を除くと、そのほとんどがタンパク質でできています。


しかし、病気やストレスなど様々な要因でタンパク質は傷んでしまいます。


そんなタンパク質を守ってくれるのが「ヒートショックプロテイン」なのです。


身体が熱のショックを受けると“傷んだタンパク質の修復”や“乳酸の発生を遅らせたり”と身体の細胞を守ってくれるのです。


また、ヒートショックプロテインが増えると。


・アンチエイジング

・代謝の上昇

・免疫の向上

・体力の増加

・運動能力の増加


などにも効果的です。


「HSP」は私たちの身体にはなくてはならないタンパク質なのです。



どうすれば「HSP」は増えるの??


「HSP」は私たちの身体に元々存在します。


が、加齢とともに減少してしまいます。


なので、「HSP」を増やさなくてはなりませんが、どうやって増やすのかというと、それが「HSP入浴法」なのです。



「ヒートショックプロテイン入浴」とは??


熱いお風呂(42度)に全身浴で1時間以上はいり、持続的に体温を2度あげることよって体内の「HSP」を増やすという入浴方法です。


体温を下げないために、入浴後も身体を包み保温が大切になります。


また加圧や激しい有酸素運動を行い、身体に負荷(ショック)をかけて「HSP」を増やすという方法もあります。


が、どちらも簡単ではありませんし、「HSP入浴法」も体温を高温な入浴で持続的にあげると身体が高温を維持できますが、交感神経が有力になり睡眠の妨げや活性酸素が体内で発生してしまうというデメリットもあります。



簡単に「HSP」を増やすことができる??


そんな「HSP」を簡単に効率良く増やせて、「HSP入浴法」が活用できるという入浴剤があります。


“BE-MAX the SPA”です。


42度の持続的な全身浴でなくても、注目成分「アルテミアエキス」効果で、通常の38度~40度の入浴でも「HSP」が増やすことができるのです。


また、そのあと身体を保温しなくても高温が持続できてしまうので、とっても簡単です。


これなら、誰でも簡単に「HSP」が増やすことができますね。



いかがでしたか?


忙しい現代人はゆっくり入浴をせずに、シャワーだけで済ませがちな方も多く、身体が芯から温まらず低体温の原因になりがちです。


低体温は、疲れやすく、自己回復力も低下してしまいます。


そんな低体温の現代人にぴったりな入浴法が「ヒートショックプロテイン入浴法」です。


「HSP」を増やして、夜寝る前の2時間を効率的にアンチエイジングタイムにしましょう。

  • 斎藤 可奈子(美容家)

    某日本最大手化粧品メーカーにて、ビューティーコンサルタント7年、化粧品メーカー2社で商品企画を経て、手掛けた商品が美容媒体にて13賞受賞。その後、株式会社La Shibuya Anelaを設立。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ