ビューティー

お肌の糖化って一体なに??

ビューティー 女子ライター

みなさん、こんちには。


美容家/ビューティープランナーの斎藤可奈子です。



お肌の老化の原因は様々。


有名なものとして「酸化」がありますが、何年か前から耳にする「お肌の糖化」


糖化対策のコスメも増えてきていますが、一体「糖化」とはなにか知っていますか?


今回はそんなお肌の「糖化」についてお話しします。



■「糖化」って??


「糖化」とは、簡単にいうと肌のタンパク質が変性し、お肌が硬くなってしまうことを言います。


お肌を構成しているタンパク質は、食事で体内に取り込んだ糖分(グルコース)と結びつくことで、硬くなり、塊になってしまいます。


タンパク質とは、コラーゲンやエラスチンなどのことです。


お肌の内部で糖化したタンパク質は弾力を失って、褐色化し、そのせいでお肌表面がくすんで、黄色や褐色に見えるようになってしまいます。


これが「肌の糖化」という老化現象なのです。


わかりやすく例えると。


スプリングのないトランポリンでは跳ねても飛べませんよね?


焼きすぎてしまったトーストをそのままにしておくと、褐色が進みどんどん茶色くなってしまいますよね?


「糖化」してしまっているお肌はそんな状態になってしまっています。



■原因は??


主な原因は、糖質の取り過ぎと言われています。


身体同様、「肌の糖化」は血糖値の高い人に多く見られる現象なんです。


お肌の内部のコラーゲンやエラスチンが糖質と反応すると、「AGEs」という物質ができます。


これは加齢と共に増加し、蓄積されていきます。


お肌には「線維芽細胞」というコラーゲン・エラスチン等を作り出す細胞があります。


真皮に出来た「AGEs」は異物とみなされ、排除しようと体が酵素を出します。


この酵素は「AGEs」の周りの線維芽細胞・コラーゲンも破壊してしまうのです。


コラーゲンなどは代謝のサイクルが遅いタンパク質なので、特に蓄積が多くなると考えられています。



■糖化対策はどうしたらいい?


今のところは残念ながら「AGEs」を分解する酵素は知られておらず、「AGEs」が作られるのを予防するしか方法がないのです。


しかし、予防におすすめな成分はあります。


有名なところでは、マロニエエキスやセイヨウオオバコ種子エキスです。


コラーゲンやエラスチンのタンパク質の変性抑制

お肌の弾力の改善

お肌の褐色の予防

お肌の柔軟性の改善


などがあり、「糖化」対策に良いとされています。


また、紫外線を浴びても「AGEs」が増加すると言われているので、紫外線対策が必要です。



いかがでしたか?


まだまだ解明されていることの少ない「糖化」ですが、老化の原因は少しでも避けたいものです。


たくさんある老化の原因の1つの「糖化」もきちんと知ってアンチエイジングしていきましょう。

  • 斎藤 可奈子(美容家)

    某日本最大手化粧品メーカーにて、ビューティーコンサルタント7年、化粧品メーカー2社で商品企画を経て、手掛けた商品が美容媒体にて13賞受賞。その後、株式会社La Shibuya Anelaを設立。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ