ビューティー

それ、もしかしたら『夏冷え』かも?! 秋バテ・冬の冷え症を悪化させる夏の冷えにご用心

びはだ びよう

こんにちは、ホリスティックビューティーアドバイザーの山口奈里子です。


厳しい暑さが続きますが、「なんだか疲れがとれない」「顔色が悪い」など、不調を感じる事はありませんか?



暑い季節には、冷たい食べ物や飲料を食べたり、薄着で出かけて冷房の効き過ぎた室内でぶるぶるっと震えたり、ついつい体を冷やしてしまいがち。


室内外の温度差で自律神経のバランスが乱れたり、内蔵を冷やし過ぎたりすると、血流が悪くなり、「夏冷え」を引き起こす事が多くなります。


下記に当てはまる項目があったら、要注意。あなたも、夏冷えているかもしれません。



□ 顔色が悪い、くすみがち

□ クマが気になる

□ おなかや太ももを触ってみると、ひんやり冷たい

□ 暑いのにあまり汗をかかない

□ 顔がほてる

□ 上半身がほてり、下半身が冷たい

□ 低体温(いつも36度以下)

□ 冷えたドリンクを一気飲み!あぁ幸せ。



暑さが続くと、体感だけではなかなか気づきにくい“夏冷え”。


放っておくと秋バテを招き、冬の冷え症までもを悪化させる可能性があります。


冷えは美容の“大敵”です!



夏冷え対策


◎ 冷えた食べ物、飲み物を摂り過ぎないようにしましょう。暑く感じても、内蔵が冷えているケースが多く見られます。体を温める食材を摂りましょう。キンキンに冷えたビールをがぶ飲みは厳禁です!


◎冷房が効いた室内でさっと羽織れるよう、上着を持ち歩く。UVカット加工のストールなら、室内外で使えておすすめ。


◎長時間冷房が効いたオフィスなどにいる場合は、サンダルよりつま先の隠れる靴を履いて。ブランケットをかけたり、靴下をはくなどして、下半身を温めて。夏こそ“冷えとり”が必要な時です。


◎ 夏こそ、湯船に浸かって。38度〜39度くらいのぬるめのお湯にゆっくり浸かるのがおすすめです。夏場は冬よりも代謝が落ちています。めぐりのいい体を目指しましょう。



■■コレで美肌偏差値UP!■■

・“実は”冷えているかも!という意識をもって。

・夏こそ「冷えとり」が必要かも。夏の冷えを、秋冬に持ち込まない!



Written by Nariko Yamaguchi

  • 山口 奈里子(モデル)

    ホリスティックビューティーの観点から"内外美容"を追求。ストレスフリーで持続可能な心と体の健康美を提唱。『ココロ・カラダ、キレイ』をモットーに、各種メディア出演、講演、レシピ監修を行い美の発信を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ