ビューティー

シミにもタイプがある?タイプ別のお手入れ方法とは?

ビューティー 女子ライター

みなさん、こんちには。

美容家/ビューティープランナーの斎藤可奈子です。


紫外線の強い季節。

気になるのはやっぱり「シミ」!


そんな「シミ」にもタイプがあるのはご存じですか?タイプによっては美白化粧品が効かない!なんてことも。。。


今回はそんな「シミ」のタイプについて。

しっかりと自分の「シミ」タイプを見極めて正しいお手入れをしてあげましょう。


■「日光性黒子」

「シミ」の中で最も多い、紫外線のダメージによりできてしまうものです。主に、頬の高い部分にできやすく、年々濃くなる可能性も高い「シミ」です。


こちらは、美白有効成分が効果的ですが、早めのケアが1番のポイントです!

「シミ」の輪郭がはっきりとしている濃いものは、レーザー治療でないと消えないものも多いです。

できてしまう前、できてしまった直後の早めのケアをしましょう。


■「ソバカス」

一般的には、細かい小さい「シミ」のことを呼んだりしますが、厳密には、ソバカスの原因は遺伝です。


鼻まわりを中心にできる薄く細かいのが特徴です。美白有効成分が全く効かないということはありませんが、遺伝要素が強いので、レーザー治療でないと消えないことが多いです。

しかし、遺伝のため再発してしまうこともあります。


■「炎症性色素沈着」

ニキビ跡や小さな傷痕が、「シミ」となってしまったもの。

足や腕などに虫に刺されたあとが残ってしまうのも、これと同じです。

こちらは比較的「シミ」のタイプでは一番消えやすいと言われています。


ピーリングとビタミンCとの組み合わせで、薄くなることが多いのであきらめずにお手入れしてあげましょう。


■「肝斑」

何年か前から言われるようになってきた「肝斑」。こちらは、ホルモンバランスの崩れが原因と言われています。

「シミ」のように、輪郭がはっきりしているわけではなく、モヤっとした左右対称の薄い茶色や薄いグレーがかったというのが特徴です。


こちらは、美白有効成分と内服薬が一番効果的です、通常のレーザーは向いていないので気を付けてください。


いかがでしたか?

「シミ」といっても原因もお手入れ方法もバラバラです。

せっかくお手入れするなら、自分の「シミ」タイプを見極めて、効率的なお手入れをしてあげましょう。

  • 斎藤 可奈子(美容家)

    某日本最大手化粧品メーカーにて、ビューティーコンサルタント7年、化粧品メーカー2社で商品企画を経て、手掛けた商品が美容媒体にて13賞受賞。その後、株式会社La Shibuya Anelaを設立。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ