ビューティー

何色使う?かわいいドットネイルの作り方

セルフでネイルをすると、どうしてもバリエーションが決まったものになりがちではないですか??


いつものカラーやラメでもちょっと変化をもたせるだけで、ガラッと印象が変わったり、サロン仕様のネイルになったりします。


しかも、特別な道具がなくても大丈夫!


今回は爪楊枝を使ったドットアートをご紹介します。



爪楊枝を使うときくと、先端が細い方を使いたくなりますが、実はその反対側の太い方こそ万能だったりするんです!



この太さがドットを作るのに最適♪


まず色を取ります。


量はこのぐらいが扱いやすいと思います。



これを爪に垂直にあてて、



グルグル!


それを繰り返すと…



ドットになります。


大きさを変えてオリジナルデザインを作ってみてくださいね。




色をたくさん使ってこんな風にもできちゃいます。




爪楊枝は、太い方が元々丸い形なので円を描きやすく、楽にドット模様が作れるという優れたネイル道具。


ぜひ、爪楊枝をつかってアートの幅を広げてみてくださいね!

  • 吉岡 妙子(ネイリスト)

    有名人を何人も手掛ける人気ネイリスト。

    成城大学卒業後、某大手化粧品会社にて営業、その後美容サプリメントのパッケージデザイン等を経て、ネイリストへ。サロンにてサロン経験、店長経験をつみ、独立。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ