ビューティー

UV対策の新基準! 「日焼け止め」をきちんと味方に、美肌を保つ。

びはだ びよう こんにちは、ホリスティックビューティーアドバイザーの山口奈里子です。


紫外線が気になる季節がやってきましたね。



「光老化」という言葉がある程、紫外線はお肌を老化させる大きな要因のひとつ。


“日焼け止め”は美肌を保つためにはなくてはならない存在ですよね。


ところで、日焼け止めに書いてある“PA”という表示に注目していますか?


実は、これまでPA+++が最高だったのですが、2013年1月からこの表記のプラスの最高値が拡大され『PA++++(フォープラス)』に変わりました。




■PAって何??

そもそも、PAとは。「Protection grade of UVA」のことで、紫外線の中でもUVAを防御する機能のことをいいます。


ちなみにSPFはUVBに対する指数のこと。




——紫外線の種類——


UVA・・・『サンターン』
  肌を黒くする。紫外線の中ではエネルギーは弱いが、肌の深い部分まで到達する。


長時間の積み重ねで真皮内のコラーゲンなどを変形させ、しわやたるみの原因に。別名、生活紫外線



UVB・・・『サンバーン』
  UVAよりエネルギーが強く、主に皮膚の表面(表皮)に影響を及ぼす。

ヒリヒリ赤くなる炎症を引き起こしシミの原因に。

短期間で腫れや水ぶくれなどの痛みを伴う急激な障害を起こすことも。別名、レジャー紫外線



要するに、いわゆる肌が赤くなるような急激な夏の日焼けはUVBによるもの。


そして、無意識のうちに、じわりじわりとお肌の真皮まで届いて”光老化”を促進させてしまう紫外線がUVAなのです。



UVAは窓ガラスなども通過して、室内まで届いてしまうので要注意。


よく、家具を置いていたあとの壁の日焼けなども、このUVAによるものです。



PAの基準値が見直された背景には、それだけUVAの肌に対する有害性が認識されてきたということがあります。


美肌を保つためには、日常から効果的に日焼け止めを使いましょう。



PAの意味と目安


PA+ :UV-A防御効果がある。

PA++ :UV-A防御効果がかなりある。

PA+++:UV-A防御効果が非常にある。

PA+++:UV-A防御効果がかなり高い。




日焼け止めの選び方

SPFやPAの表示のチェックをしましょう。レジャー向けの数値が高いものは、落ちにくかったりして、日常使いするにはお肌に負担がかかることも。

ただやみくもに、数値の高いものを選ぶのではなく、シーンによって使い分けるようにしましょう。


<<目安>>

日常レベル   SPF 10〜30 PA+〜++

野外・レジャー SPF 30〜50+ PA+++〜++++




日焼け止めの効果的な使い方


高い機能が備わっていても、使い方が間違っていては、十分な効果が得られません!!ウォータープルーフタイプでも、衣服や動作による摩擦などが原因で、落ちでしまう事もあります。


■十分な量をムラなく肌にのばす

■2〜3時間おきに塗り直す


ということを、心がけましょう。

顔の場合は下地、ファンデーション、パウダー等、UV機能を持つコスメを重ねるのも良いでしょう。



いかがでしょうか。


日焼け止め機能をもった化粧品はたくさんありますが、正しく効果的に使う事がとても大切です。


生活シーンに合わせて使い分けられるよう、一度しっかり見直してみてくださいね。



※ 参考

日本化粧品工業連合会 UVA防止効果測定法基準



■ ■コレで美肌偏差値UP!■■

・ PA++++の日焼け止め効果に注目!

・ 数値が高いことにこだわらず、シーンで使い分けること。

・ 日焼け止めはムラなくのばし、こまめに塗り直す!



Written by Nariko Yamaguchi

  • 山口 奈里子(モデル)

    ホリスティックビューティーの観点から"内外美容"を追求。ストレスフリーで持続可能な心と体の健康美を提唱。『ココロ・カラダ、キレイ』をモットーに、各種メディア出演、講演、レシピ監修を行い美の発信を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ