ビューティー

男性はこんなトコまで見ていた!自分では気づけないケア漏れ BEST4



本格的な夏が近づいてきましたね。


肌の露出箇所が増えてくるこの季節、日々たゆまぬ努力を続けて、キレイを保とうと悪戦苦闘している事と思います。


ところが、そんな努力はもはや当たり前!


男性に言わせると、女性がおそらく気付いていない部分にこそ『うわっ…』っと思うのだそうです。


なんでも、「見ているというか、見えちゃった…という感じ」で、うっかり目についてしまい、たいそう残念に感じているんだとか……。


今回は、そんな男性の声から判明した、女子たちの努力も水の泡となる、“うっかりしがちなポイント”とその対策についてご紹介致します。





 男が目を疑った女の●●●
 1位背面編



セクシーっていうより男らしい?


女性のうなじや、背中は男性が「ドキッ」とする、セクシーポイント。


でも、違う意味で男性を「ドキッ(げっ)」とさせていませんか?



つい目に入った女性の背中、その時男性は・・・


・女性でも背中に毛がはえるんだ…と、なんだか面食らってしまいました。


・華奢で守ってあげたいイメージだったのに、なんだか毛が多くて…守ってくれそう?な、たくましすぎるイメージを持ってしまっていました。


・なんか見えるトコしか頑張ってないんだ、と残念な気持ちになりました…


女子からすると、イラッとしてしまうような発言ですが、男性は意外とシビアなんですね…。


背中のうぶ毛は、自分では見えない分なかなか処理しにくいもの。


背面編では、ほかにも「ローライズからのぞいた腰に、産毛がそよいでいた…」なんて声もありました。


もはや女子は四面楚歌の時代なのですね……。






 男が目を疑った女の●●●
 鉄板のワキ編



うえぇっ!? ノースリーブ着るのはアウトでしょ!


朝しっかりチェックしたつもりでも、夕方にはポツポツ生えてくるワキ。


ちょっとコンビニまで出たつもりが、汗ジミが…なんてこともありますよね。


電車の釣り革につかまったり、会社で棚にモノを上げたりという、日常生活の何気ないシーンを男性はしっかり見ていました…。



ワキを見たときに受ける激しいショック…、その時男性は


・『ワキの黒ずみがあるのにノースリーブ着るんだ…と思った』


・『ワキ下に黄色いシミを見つけてなんだか残念な気持ちになりました』


・『隣でワキを上げた途端にモワッと臭いが…。』


広い世の中には「わき毛がもっさり生えている女子が好き」という男性もいますが、大半の男性が処理をしていないなんて、もってのほか!!と思っているようです。


ワキのボツボツ、黒ずみ、汗ジミ、ニオイは女性にとってこれからも永遠の敵で居続けることでしょう。






 男が目を疑った女の●●●
 女子ってこんなとこ黒ずむの!?編



せっかくの雰囲気もぶち壊し! お尻のブツブツ…


背中に引き続き、こちらも自分では見えにくいところです。


でも、意外と多い「お尻フェチ」な男性。


当然ですが、女性のお尻がざらついたり、黒ずんでいたら、それはそれは幻滅することでしょう。


お尻は、長時間座っていたり、下着などによって黒ずみを起こしやすい場所。


さらにニキビなんかもできたりしちゃうから厄介です。



夢と幻想を打ち砕かれるザラザラ…その時男性は


『暗闇なのに、触っただけでザラツキがわかってなんだか凹んだ』


『ちゃんと洗ってるよね?』


一瞬けり飛ばしてやりたくなるコメントですが、バストに続く男性のフェチポイント。


男性がこだわるのも仕方無い様な気がしますよね。






 男が目を疑った女の●●●
 デリケートゾーン編



せっかくの雰囲気がぶち壊し! あのニオイにノックアウト…


生理周期やムレなどで、デリケートゾーンのニオイはちょっと心配…という方も多いのでは?


これは夏に限らず、1年中ケアしたいホットスポットです。



デリケートゾーンのニオイに男性は驚いた…


『どうしよう、この先進めない』


『びっくりして戸惑った』


『元カノはにおわなかったのに…』


こんなところで元カノを感じられてしまうのは正直ショックですよね。


男性側だってそんなときあるでしょ! というツッコミも入れたくなりますが、せっかく彼とのいい雰囲気も、そんなことで壊したくはありませんよね。





この他にも、ヒザ、ヒジの黒ずみ、かかと、そしてバストトップといったところも男性のチェックが入っていました。


今回ご紹介した場所は、どこも皮膚が薄かったり、ケアしにくいパーツという事もあり、色素沈着や古い角質が溜まりがち。


とはいっても、間違った自己処理は肌を傷める原因になります。


では、どんなケアがベストなのでしょうか。





とにかく毛!剃った後のボツボツ!というアナタには


背中の毛、すね毛、わきのボツボツという、剃っても抜いても尽きないムダ毛の悩みは、『プエラリアハーバルジェル』が助けてくれます!


このジェル1本で6つの自分磨きが一気に出来てしまうという、魔法のジェル。


プエラリアハーバルジェル


元々“プエラリア”は女性ホルモンと似た働きをしてくれて、お肌にツヤをだしてくれるというスグレモノ。


毎日お風呂上りにジェルを塗るだけで、いつのまにかつるっつるのふわふわお肌になってしまいます。


もちろん、ムダ毛処理後の乾燥対策はもちろん、これを塗っておけばジョリジョリなんかも気にならなくなり、処理のスパンも長くなるんだとか。


最終的にはムダ毛が気にならなくなったという意見が多数!


使い続けた結果、彼から「より女性らしくなったよね。肌も柔らかくなったし、さわり心地がいい!」と言われた! という嬉しい声も届いています。


堂々と腕や足を見せれる機会も増え、ムダ毛のお悩みに振り回されない、軽やかな日々を過ごしていきましょう。


今回ご紹介した『プエラリアハーバルジェル』はこちらからチェック


プエラリアハーバルジェルへ




とにかくニオイをなんとかしたい! 私って臭いかも!? というアナタは


全身のニオイ対策!


ジャムウハーバルソープ


デリケートゾーンや、ワキのニオイ対策は、『ジャムウハーバルソープ』が助けてくれます!


デリケートゾーンのニオイケアで圧倒的大人気のジャムウ。


ソープ、ジェル共にニオイケアと黒ずみケアが一気に出来てしまう優れもの!


中でもソープは、通販だけで67万個も売れていて、リピート率がとても高い商品。


毎日お風呂で使用すれば、デリケートゾーンだけでなく、体臭全般はもちろん、黒ずみも洗い流してくれて、全身に透明感が出てきます。


ジャムウハーバルソープへ




ワキには持ち歩きが便利なコレ


ハーバルロール


ワキのニオイに持ち歩けるのは、気が付いたときにサッと塗ることができる、ロールオンタイプの『ハーバルロール』。


臭いだけでなく、黒ずみまでケア出来るジャムウが配合されているので、これは日常的に使いたいかも。


肌をすこやかに保つラベンダーエキスやレモングラスエキス、肌を整えるホウセンカ葉エキスなど配合されています。


ペパーミントオイルを使用し、塗った後はスッキリ爽快です。


カチカチ振ってサッと塗るだけ!「いつ近づいてもOK」なカラダになりましょう!


ハーバルロールへ




頑固な黒ずみ!角質!どうすりゃいいのよ…なアナタには



ジャムウ ハードバブル


ヒジ、膝、ワキなど、特に気になる頑固な黒ずみには、『ジャムウ ハードバブル』がおすすめ。


汚れや古い角質による黒ずみを濃厚泡パックでスッキリきれいにする!という石鹸です。


なかなかお手入れができない、バストトップも、これで解決! 自信を持って裸になれそうですね。


意外とケアを怠りがちな、ヒジ、膝、といったところも、このハードバブルで泡パックすれば、つるっつるのお肌に生まれ変わりますよ!


ジャムウ ハードバブルへ




臭いと黒ずみに特に力を発揮してくれるジャムウですが、ケアしたい箇所と目的によって最適な商品が用意されています。



一番人気は広くカバーしてケアしてくれる[ハーバルソープ]。


どれを使ったらいいか迷った場合は、これから始めてみるのもオススメです。




いかがでしたか?


男性がなんとなく見ている“あんなところ”。


こんな細かい男はイヤ! といわず、バックスタイルや細部まで、完璧お手入れをしませんか?


女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ