ビューティー

お肌にやさしいムダ毛ケアの方法

ビューティー 女子ライター

みなさん、こんちには。


美容家/ビューティープランナーの斎藤可奈子です。



お肌の露出も増えてきて、気になるのは紫外線ケアや美白ケアでなく、「ムダ毛」のケアも仲間入りするのでは?


最近ではお手頃に永久脱毛もできるようになってきていますが、今回は自宅でセルフで行う「ムダ毛ケア」の正しい方法をご紹介します。



「ムダ毛ケア」には、「剃る」や「抜く」などの方法がありますが、どちらがやさしいと思いますか?


「剃る」とお肌表面を傷めてしまうため「抜く」方がやさしいと思う方も多いのでは?


剃り方にもよるので、もちろんそれも一理ありますが、実は「抜く」方がお肌にとってhダメージが大きいのです。



なぜかというと、「抜く」とう方法ではお肌の一部をちぎっていまっていることと同じなのです。



毛は毛母細胞の分裂によって成長します。


毛母細胞は血管から栄養や酸素をもらって細胞分裂しています。


ということは、毛根自体は生きているのです。


毛を抜くと生きた組織を引き裂いていることになるので、もちろん痛みもあります。


これを繰り返すと毛穴が炎症したり、膿んだりしてしまいます。



では、どのようにすればお肌を傷めず「ムダ毛ケア」できるのでしょうか?


方法としては、カミソリ、毛抜き、ワックス、テープなどなど様々ありますが、次の4つのことを気をつければ、お肌のダメージは少なくなります。



1、お肌を清潔にしてから行う。

雑菌などがはいらないようにまずは清潔に。


2、お肌をよく温める。

お肌も毛も温まると柔らかくなるので、しっかりと温めてから行いましょう。


3、処理したあとは冷却する。

炎症を落ち着かせるために、お肌をクールダウンさせましょう。


4、体調が悪い時は控える。

生理前や最中。風邪気味の時は免疫力も落ちているので、なるべく控えましょう。



以上、上記の4つのことを気をつけてあげるとお肌へのダメージは軽減するので、今年の「ムダ毛ケア」は気をつけて行ってみてください。

  • 斎藤 可奈子(美容家)

    某日本最大手化粧品メーカーにて、ビューティーコンサルタント7年、化粧品メーカー2社で商品企画を経て、手掛けた商品が美容媒体にて13賞受賞。その後、株式会社La Shibuya Anelaを設立。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ