ビューティー

【今月の美人野菜】5月 トマト

 

こんにちは、野菜ソムリエ協会認定ベジフルビューティーアドバイザーの山口奈里子です。

 

今月の美人野菜は、リコピンでおなじみの『トマト』をPICK UP!

 

トマトの旬は、夏と思われがちですが、実は原産のアンデス地方に気候が近くなる2〜5月くらい。

 

真っ赤な色は、カロテノイドの一種、リコピンの色素です。美肌偏差値向上委員会でもお伝えしましたが、トマトのリコピンには嬉しい美肌効果がいっぱい!

 

◎美味しいトマトの選び方◎

ずしっと重みがあって、つやがあり全体的にしまったもの。水に浮かべてみて、沈むものは糖度が高くおいしい。

 

◎保存方法◎

トマトは追熟するので、冷蔵庫に入れないこと!涼しいところで布などをかぶせて保存しましょう。

 

オススメレシピ

初夏にトマトたっぷりの冷静パスタはいかがですか?加熱したトマトと、フレッシュトマトを両方楽しめるメニューです!

ソースを冷蔵庫でしっかり冷やしておけば、パスタをゆで絡めたらすぐ完成♪

 

■大葉が香る♡冷静トマトパスタ■

 

【材料】2人分

トマト・・・大3個

ミディトマト・・・中6個

大葉・・・10枚

にんにく・・・5片

オリーブオイル・・・大さじ2

★しょうゆ・・・大2

★はちみつ(or砂糖)・・・小さじ2

★コンソメ・・・10g

塩こしょう・・・適量

ブラックペッパー・・・適量

パスタ・・・細め2人分約250g

 

①大きいトマトを1.5センチの角切りに、ミディトマトは1/4にカットしておく。にんにくはみじん切り、大葉は細い千切りにしておく。

②にんにくを焦がさないようにオリーブオイルでじっくり火を通す。

③角切りトマトの半分を②のフライパンにいれ、★の合わせ調味料を合わせて混ぜる。

④大きめのボールに、角切りトマトの残り半分とカットしたミディトマト、③のフライパンの中身、大葉の1/3を混ぜ、塩こしょう、ブラックペッパーで整える。

⑤ラップをして冷蔵庫でしっかり冷やす。

⑥パスタを気持ち柔らかめにゆで、冷水でしっかり冷やす。

⑦⑤に⑥を入れあえて、お皿にパスタをもり、冷えた⑤をかける。大葉をこんもり盛りつけて完成!

POINT

・トマトは、火を通す大きいサイズのものと、フレッシュで使うミディサイズ(赤意外のトマトもプラスすると彩りもUP!)を用意すると良いでしょう。

・パスタもソースもしっかり冷やしたほうが◎

・好みでクレイジーソルトなどを代用してもOK!

・パスタは少し細めのものがよく合います。今回は油で時間6分のフェデリーにを使用しました。

 

Written by Nariko Yamaguchi

  • 山口 奈里子(モデル)

    ホリスティックビューティーの観点から"内外美容"を追求。ストレスフリーで持続可能な心と体の健康美を提唱。『ココロ・カラダ、キレイ』をモットーに、各種メディア出演、講演、レシピ監修を行い美の発信を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ