ビューティー

春の肌トラブルと対処法!!

ビューティー 女子ライター

みなさん、こんちには。 美容家/ビューティープランナーの斎藤可奈子です。


今の時期、花粉症の方に限らず、季節の変わり目はお肌がとても敏感になります。


肌あれやかゆみ、などなど肌トラブルに悩んでいる方も多いのでは? 今回はそんな春の肌トラブルについてお話しします。


もともと、春先は一年のうちでもっともお肌の調子が不安定になりやすい季節。 三寒四温で自立神経が崩れやすくなり。


気温や湿度が上がりはじめると、新陳代謝が活発になってホルモンの分泌も盛んになります。


気候の変化に対応するために、肌も皮脂や汗の分泌を増やして、外部環境に適応しようとしています。 その影響をしっかり受けてしまうので、春先のお肌はとても不安定でトラブルが起こりやすいんです。


さらに年々増えている花粉症。花粉症の方はお肌もさらに敏感になりがち。


花粉症は、花粉による刺激に身体が過剰な反応をしめしている状態です。当然、お肌も花粉に影響を受けてしまいます。


本来、お肌はバリア機能を持っています。 バリア機能というのは、外部からの刺激が侵入するのを防ぐ機能と、お肌内部の水分を逃さない機能のことです。


お肌の表面を覆っている皮膚がコーティングの役割を果たして、お肌全体を守ってくれています。お肌状態がいいときは、バリア機能が正常に働いているということなんです。


バリア機能が高い健康なお肌ならば、花粉の侵入も防ぐことができます。 ですが、季節の変わり目でお肌状態が不安定なときは、バリア機能も低下しています。


本来、外部からの刺激をブロックする役割を果たすバリア機能が正常でなくなると、花粉のような刺激物質の侵入が侵入してしまうんです。


バリア機能が乱れていると、水分も蒸発しやすくなるので、肌がカサカサと乾燥した状態になってしまいます。


そんな春の肌トラブルを防ぐための最大ポイントは、「角質層を正常に保つ」ということになります。


そのためには、


・お肌に対する刺激を極力少なくすること。

・角質層の水分を十分に保ちバリア機能を正常に保つこと。


を心がけたスキンケアが大切になってきます。


まずは、クレンジングと洗顔です。


クレンジングや洗顔によっってお肌の表面に付着した様々な刺激物をきれいに取り除きます。


お肌表面に付着した刺激物というのは、


・汗や皮脂。

・空気中のチリ・ホコリ、雑菌、

・排気ガス、メイクアップ料・・・

・花粉などのアレルギー物質

・さらには最近問題の化学物質を含んだ黄砂やpm2.5など。


こういったお肌についた余分なものを取り除き、お肌に与える刺激を極力少なくすることが大切です。


次に洗顔の後は、お肌は無防備な状態です。


化粧水で水分を補給するとともにお肌を整え、そのあと美容液・乳液・クリームなどで、水分を逃がさないように肌を保護してあげるなど、保湿対策をしっかりと行ないバリア機能を正常に戻してあげましょう。


変に肌あれしたからと言って、お肌に色々するのではなく、春先の肌トラブルには毎日の正しいクレンジングや洗顔や保湿対策が一番大切です。

  • 斎藤 可奈子(美容家)

    某日本最大手化粧品メーカーにて、ビューティーコンサルタント7年、化粧品メーカー2社で商品企画を経て、手掛けた商品が美容媒体にて13賞受賞。その後、株式会社La Shibuya Anelaを設立。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ