ビューティー

ネイルもバランスが大切!バランスの良いアートの作り方

自分でネイルアートをするとなんだかしっくりこない… 同じ様な色やストーンを使ってサロンでやってもらうとしっくりくる…なんで!?


よくお客様からこんな声を耳にします。 実はこれ、ちょっとバランスを考えてみるだけで、ぐんっとプロっぽさがでるもの。


例えば簡単に華やかに見えるストーンアート。


さりげなくのせてみて!
と言われたら、



こんな風においてしまいがち。


おいた後が"さりげなく"見えるために、実は私たちネイリストはすごく計算してのせています。



同じストーンを使ってもこんなに見栄えが変わります!

シールもただのせるだけなら



こんな風になってしまうことも。

でもこれもすこーし重ねて工夫すると



不思議とネイルサロンの仕上がり!


爪の形は人によって様々。
なので、自分の爪の大きさ、長さを見て、どこにおくとバランスがいいか考えておくことが大切です。


短い爪の人なら、根元の方にアートツールをおくと、長く見える効果があったり、



幅のある爪の人なら、縦のラインを基調にしたアートにすると、細長く見える効果があったりします。



これを踏まえて、自分がなりたいネイルの形に近づけてみましょう! ネイルにできないことはないはずです♪

  • 吉岡 妙子(ネイリスト)

    有名人を何人も手掛ける人気ネイリスト。

    成城大学卒業後、某大手化粧品会社にて営業、その後美容サプリメントのパッケージデザイン等を経て、ネイリストへ。サロンにてサロン経験、店長経験をつみ、独立。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ