ビューティー

日焼け止めの数値PA。+が4つになるのは知っていますか?

ビューティー 女子ライター

みなさん、こんちには。
美容家/ビューティープランナーの斎藤可奈子です。


日焼け止めなどの化粧品に表示されている「PA」商品によってその後についている「+」の数が違っているのはご存じですか?


今までは一番多くても「PA+++」(スリープラス)でしたが、2013年の1月から「PA++++」(フォープラス)と4つまで表示できるようになったんです。


では「+」が増えることにどういった意味があるのを今回はお話ししたいと思います。


※紫外線のお話しはこちら。


「PA」とはProtection Grade of UV-Aの略です。 日本化粧品工業会が厳密に定めたUV-Aをどれだけ防ぐのか?という効果を表しています。


表示できる「+」の数が「PA+++」から「PA++++」に増えたのは、 UV-Aの有害性がより明らかになり、UV-Aをよりしっかり防ぎたいというニーズが高まったためなのです。


紫外線による日焼けというと、肌が黒く焼けてしまったりシミができてしまうことを 思い浮かべると思います。


それは「お肌の黒化」と言われていますが、実は、黒化はUV-Bの影響と言われていましたが、UV-Aにも違った影響があったのがわかりました。


それぞれ別のタイミングで起きていたんです。


レジャーなどで一気にお肌が赤くなったり、ヒリヒリしたりするのがUV-Bのしわざ。 赤みが引いたあとにお肌が黒くなるのが特徴です。


しかし、UV-Aによる黒化は、毎日の通勤など短時間浴びただけでもすぐにはじまります。 気づいたら日焼けしていた…という日焼けは、UV-Aの影響です。


またUV-Aは地上に到達する紫外線のなんと約9割を占めています。お肌の奥の真皮まで到達し、シミ、しわ、たるみの原因となってしまいます。


今はオゾン層の破壊などで、年々紫外線のお肌への影響は高くなっています。


一般的にSPFの数値で日焼け止めを選ぶ人が多いですが、これからは「PA」の「+」の数も必ずチェックしていきましょう。

  • 斎藤 可奈子(美容家)

    某日本最大手化粧品メーカーにて、ビューティーコンサルタント7年、化粧品メーカー2社で商品企画を経て、手掛けた商品が美容媒体にて13賞受賞。その後、株式会社La Shibuya Anelaを設立。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ