ビューティー

良く聞く「セラミド」って一体何??

ビューティー 女子ライター

みなさん、こんちには。

美容家/ビューティープランナーの斎藤可奈子です。


「セラミド」ってみなさん、一度は聞いたことありますよね?


美容雑誌やあらゆるところで「セラミド」の言葉は取り上げられていて、ここ10数年では、「セラミド」はかなりの認知度ですよね。


けれど、「セラミド」の本当の役割ってご存知ですか?


今回は「セラミド」ってどんなものなのか?お肌にどんな役割があるのかをお話しします。


また、良く聞く「セラミド」配合化粧品の「セラミド」の正体もお話しします。


「セラミド」とはお肌の一番表面の角層に存在しているお肌の保護や保湿に役立つとっても大切な生体成分です。


お肌の柔軟性や保湿を維持している、細胞間脂質という細胞と細胞を繋ぐセメントのようなものがありますが、「セラミド」はその45~60%を占めています。


そして、お肌のバリア機能の役割をはたしています。 また生体成分なので、お肌とのなじみが抜群なので、保湿には重要な成分です。


これがなくなると、お肌の保湿や柔軟性がなくなり。バリア機能も低下するので、 肌アレや老化の原因の1つとなってしまします。


しかし、「セラミド」はとても高価な成分なのです。 また、水への配合が難しい成分のため、化粧品への配合がとても難しいのです。


そこで大手化粧品メーカーが開発したのが、「セラミド」と似たような構造や機能を持つ 類似の合成セラミドなんです。


これが、一般的に良く聞くセラミド配合化粧品で使われている「合成セラミド」です。 合成セラミドの開発によって、水との親和性が良くなり、また安価で配合することが可能になったんです。


天然セラミドを配合の場合は、成分表記に「セラミド1」とか「セラミド2」とかの表記になりますが、合成の場合は「セラミド」の文字はありません。


合成セラミドが決して悪いものではありませんが、一概に「セラミド」と言っても、天然ではなく合成の場合が多いので、化粧品購入の際は天然なのか?合成なのか?を気にしてみるのもお肌への効果の違いになってきますよ。

  • 斎藤 可奈子(美容家)

    某日本最大手化粧品メーカーにて、ビューティーコンサルタント7年、化粧品メーカー2社で商品企画を経て、手掛けた商品が美容媒体にて13賞受賞。その後、株式会社La Shibuya Anelaを設立。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ