ビューティー

雪の結晶ネイルの作り方

寒いと体を動かすのが億劫になってしまったり、外に出るのが嫌になったり…と消極的なイメージもありますが、ウィンタースポーツや鍋がおいしいなどいいシーズンでもありますよね♪


ネイルでも今この時期にしかできないスノーネイルが大人気!


そこで今回は雪の結晶アートのやり方をご紹介します。


シールで雪の結晶をつけるのももちろんかわいいですが、少しの間しか楽しめないアートなので、手描きで描く楽しさもぜひ体験してみてくださいね。


用意するものはアクリル絵の具と細い筆、パレット。 パレットはアルミホイルやお皿で代用できます。



まず最初にベースカラーを決めたらそれをまず爪に塗ります。


ここではわかりやすく濃いピンクを使います。


そして、雪の結晶のだいたいの大きさを決めて、筆を入れます。



写真のような6つの線をひき、次に中心から描いていきます。


この作業をすべての線の間に描いたら、次は肉付け



最後に点で周りを彩ると



雪の結晶になります。 意外に簡単!


応用して




こんな風にしてみるのもオススメ!


ベースカラーを変えると色々楽しめます。





アクリル絵の具ならベースはジェルでもマニキュアでも描けるので白以外の色でオリジナルの雪の結晶アート、作ってみてくださいね!


  • 吉岡 妙子(ネイリスト)

    有名人を何人も手掛ける人気ネイリスト。

    成城大学卒業後、某大手化粧品会社にて営業、その後美容サプリメントのパッケージデザイン等を経て、ネイリストへ。サロンにてサロン経験、店長経験をつみ、独立。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ