ビューティー

血液型別ダイエット!A型が「朝バナナ」をしてはいけない理由

A型ダイエット法

血液型によって適した食べ物を選ぶ【血液型別ダイエット】は、欧米の医療界で取り入れられていて、ごく一般的になってきています。それによると、A型はかつて流行した「朝バナナダイエット」をやると、なんとダイエットとは逆効果になってしまうんだとか!

A型の体質に合う食べ物とその根拠をご紹介しましょう。


血液型によってホルモンの分泌量が違う!?

日本人にいちばん多いとされているA型は、ストレスホルモン「コルチゾール」が分泌されやすい体質。血液型ごとに体内環境は微妙に違っていて、【血液型別ダイエット】なる理論も存在しています。


米国連邦政府公認ドクターオブカイロプラティック・中島旻保氏は、“血液型に適した食べ物=太りにくい食べ物、適していない食べ物=太りやすい食べ物”という理論を提唱しています。その理由は、ほとんどの食べ物に含まれている「レクチン」というタンパク質が鍵を握っています。


「レクチン」は血液の抗体に似た性質を持つため、輸血で合わない血液型があるのと同様に、身体に合わない「レクチン」が存在します。合わない「レクチン」は95%排出されるので絶対に食べてはいけないわけではありません。ただ、残りの5%が糖と結合して血液の流れを滞らせます。よって余分な脂肪が溜まってしまうというわけ!


A型のダイエットに合う食べ物リスト

ルーツが農耕民族であるA型は、もともと植物性の食べ物に適した体質であるため、肉類の消化にはあまり適していないんです!

胃腸も丈夫ではない人が多いといえます。みなさんはどうですか?

そこで、A型に合った食べ物をご紹介しましょう。


●A型に適した食べ物

穀類、野菜、豆類(注:赤・白インゲン、ヒヨコ豆は×)を中心とした食生活がよいとされています。みそ、納豆、つけものなどの発酵食品を日常的に摂り、たんぱく質は豆やソバから主に摂るのがオススメ!

レモン汁、グレープフルーツなどを朝食に取り入れると消化器官の浄化を助けてくれます。食後のパイナップルなどもGOOD!

動物性たんぱく質は、肉よりも魚。サバ、イワシなどの青魚や、タラ、サケ、コイ、アンコウ、キンメダイなどがよいでしょう。

調味料は刺激の強いものを避けましょう! からし、マスタードならOKです。


●A型に合わない食べ物

肉類は消化しにくく、脂肪として蓄積されやすいのでダイエット中はNG!

貝類、甲殻類、イカ、タコ、スモークサーモンなどに含まれるレクチンがA型には合いません。ウナギ、スッポン、舌平目、キャビアなどもよくないとされます。

胃酸が少なく消化器官が繊細なので、チーズ、バター、生クリーム、カスタードクリームなどの乳製品・卵との相性はよくありません。牛乳よりも豆乳を飲んだほうがよいでしょう。

マンゴー、パパイヤ、バナナなどの酵素が強いもの、みかん、オレンジや100%ジュースはA型の胃には刺激が強すぎます。つまり一時期流行った「バナナダイエット」はA型は不向きと言えるのです!

刺激の強い唐辛子、酢などの刺激の強い調味料もよくないので注意してください。


血液型別ダイエットなら続くかも!

「なかなかダイエットを始められず、食生活が乱れている人にこそ血液型ダイエットをすすめたい」

『O型は深夜に焼肉を食べても太らない?血液型別「デブ」にならない食の法則』(講談社+α新書)の著者であり、米国連邦政府公認ドクターオブカイロプラティックの中島旻保氏はこう提言しています。


大切なのは食を意識し、自分の身体に興味を持つこと!

つまり「血液型別ダイエット」は食事療法を意味しているのです。どのダイエットを試しても続かなかったり、効果がなかった人にこそ、試してみる価値があるのではないでしょうか。


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ