ビューティー

お肌をいち早く回復させるためのスキンケアの衣替えⅠ

みなさん、こんちには。
美容家/ビューティープランナーの斎藤可奈子です。

 

前回前々回で今の季節とお肌についてお話ししてきました。
季節が変わると洋服も衣替えをするように、お肌にも衣替えが必要です。
今回はそんなお肌をいち早く回復させるための正しいケアとおすすめコスメをご紹介いたします。

 

 

まずは、スキンケアの基本、「洗顔」から。

 

お肌の角質の状態を正常に整えるために、大切なピーリング。
しかし、その前に自分で生まれ変わりをするお手伝いを最もしてくれるのはやはり「洗顔」です。

 

「洗顔」は一番初めに行うスキンケアでお肌を清潔に保ち、自らが剥がれ落ちようとしているメラニンを含んだいらなくなった角質を洗い流す際に、一緒に洗い流してくれます。

 

今の季節のお肌はカサカサでゴワゴワ、そのために「洗顔」で大切なのが泡立ち。

 

しっかりと弾力のある泡で、お肌のキメのすみずみまでしっかりと洗ってあげることが大切です。

 

そこで泡立ちがとてもよくお肌のキメが細かく整うおすすめの「洗顔」のご紹介です。

 

 

まずは、「zero スノーウィーソープ」
こちらは私が長年愛用し続けているおすすめ石鹸です。

 


 

 

次に新たにお気に入りの「洗顔」に仲間入りしたのがこちら。
「aro.クリムサボン」です。
こちらは固形石鹸でもフォームでも、リキッドでもなく、生クリームのような新しいテクスチャーです。

 


 

 

この2つの「洗顔」に共通しているのが、「コールドプロセス製法」と呼ばれる製法で作られている事。

 

 

■「コールドプロセス製法」とは
多くの石鹸は製造時に80度~100度に熱して作られています。
しかし、「コールドプロセス製法」は低温処理で24時間寝かして製造するため、より多くのお肌への有効原料を効果を傷めずに配合することが可能な製法です。
加熱処理で製造した石けんよりも「洗顔」に必要な脱脂力と保湿力を保つことができるので洗いあがり、潤い、泡立ちが違います。

 

これが、この2つの「洗顔」の秘密です。

 

夏場はさっぱりと、皮脂やざらつきを取り除くさっぱりタイプの「洗顔」をつかっていた方もスキンケアの衣替えとして、夏のダメージを抱え込み、さらに気温と湿度があがり乾燥しやすくなっていく今の季節のお肌を、まずは「洗顔」で整えてあげましょう。

 

 

次回は、「角質ケア」のお話しです。

  • 斎藤 可奈子(美容家)

    某日本最大手化粧品メーカーにて、ビューティーコンサルタント7年、化粧品メーカー2社で商品企画を経て、手掛けた商品が美容媒体にて13賞受賞。その後、株式会社La Shibuya Anelaを設立。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ