ビューティー

フットジェルのケア方法

夏はフットジェル、もしくはフットネイルをサロンでなさる方、多いと思います。
セルフの方も、いつもよりも凝ったデザインにしたりと、せっかく手間暇かけたフットネイルですから、出来るだけ長持ちさせたいですよね!

 

そこで、今回は伸びてきたジェルのケア方法をご紹介します。

 

 


 

通常、ネイリストはハンドジェルが伸びてきても爪切りなどで切ったりされない事をオススメしています。というのも、爪切りはその衝撃でジェルが地爪から剥がれてしまったり、爪の断面に塗ったジェルが爪を切ったり削ったりすることで無くなってしまい、そこから浮きやすくなってしまう事を防ぐためです。

 

これはもちろんフットのジェルにも言えることなので、今回のケア方法は応急処置的なものとしてお考えくださいね!

 

 

フットネイルは伸びてくると、パンプスなどの爪先を覆う靴を履くと当たって痛いですよね。

 

今の時期になるとパンプスの日も増えてきて、爪が気にはなるけれど、そういつでもサロンに行ける時間があるわけではないですよね。

 

でもそのままでいると、爪の根元からジェルが浮いてきて爪の表面を剥がしてしまうので、こんな時は爪切りで少し短く整えてしまいましょう。

 

 

爪切りはニッパーが使いやすいので、オススメ。まず、刃先を爪のはじから入れていきます。

 


 

爪の真ん中をいきなりバチン!といくと、ジェルが剥がれやすくなるのではじから徐々に切り込みをいれていく感覚で。

 

 


 

短くできた後は、断面を整えます。

 

 


 

そして、ジェルがなくなってしまったエッジ部分にトップコートを塗り

 

 


 

表面にも塗ったら、あとは乾くのを待つだけ。

 

 

オイルもまめに塗ると浮きにくい丈夫な爪がはえてくるので、忘れずに塗ってくださいね!

 

根元の部分にラメ入りのマニキュアなどをのせても、アレンジできます。

 

 

こうして短くしておくだけで、浮きや、剥がれが防げて、爪の表面がひどく痛んだりすることを最小限に抑えられます。

 

夏場しかやらないものでも、ケアをするかしないかで、爪の状態は大きくかわってきます。

 

日頃のホームケア、ぜひ続けてみてくださいね!

  • 吉岡 妙子(ネイリスト)

    有名人を何人も手掛ける人気ネイリスト。

    成城大学卒業後、某大手化粧品会社にて営業、その後美容サプリメントのパッケージデザイン等を経て、ネイリストへ。サロンにてサロン経験、店長経験をつみ、独立。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ