ビューティー

過酷な夏を過ごしたお肌をいち早くキレイな秋肌にする方法

みなさん、こんちには。
美容家/ビューティープランナーの斎藤可奈子です。

 

今年の夏も暑かったですね。
身体の夏バテと同様に、お肌も「夏バテ肌」になっています。

 

エアコンや汗によって、お肌の内側が乾燥する「隠れ乾燥」や過酷な紫外線による「お肌のダメージ」もありお肌は疲れ気味。

 

紫外線によるお肌のダメージは、乾燥・しみ、そばかす・しわ・くすみなどなどあらゆるお肌の悩みの原因。
さらに秋にむかって過ごしやすくはなりますが、気温も湿度も下がってくるために、お肌もさらに乾燥しがちになり、化粧ノリも悪くなってしまいます。

 

 

今回は、そんな疲れたお肌をいち早くキレイな状態に戻す方法をご紹介いたします。

 

お肌は約1ヶ月をかけて「ターンオーバー」という表皮の生まれ変わりをおこなっています。
しかし、過酷な紫外線を浴びてしまうとその生まれ変わりの周期に遅れが出て、本来であれば、お肌からはがれおちていくメラニンやいらないものを多く含んだ角質がお肌に蓄積されてしまいます。

 

するとお肌は手入れのされていない、固い土のような状態になってしまっています。

 

こうなってしまうと、いくら化粧水や美容液をお肌に与えてもお肌が吸収してくれません。
手入れをしていない土もなかなか奥まで水が届きませんよね?
また、乾燥していると本来であれば柔らかいサランラップのようなお肌の表面が、硬いアルミホイルのような状態になってしまい、一度ついたシワがなかなか消えず、どんどん深いシワになってしまいます。

 

お肌の保湿や美白をするための栄養成分を肌の奥まで浸透させる為には、固く分厚くなってしまったお肌を柔らかい本来のお肌へ戻すことが、美肌への近道なのです。

 

 

それには、毎日のしっかりとした洗顔・いつもの化粧水をコットンで使用したり。
もっと早める為には、ピーリングなどのお肌の角質をケアするようなコスメをプラスしてあげるのが良いでしょう。
そうすることにより、お肌が化粧水や美容液をしっかりと抱え込むことができ、いち早くお肌を元に戻すことができます。

 

みなさんも夏で疲れたお肌を癒し、元の元気なお肌に戻してあげてください。

  • 斎藤 可奈子(美容家)

    某日本最大手化粧品メーカーにて、ビューティーコンサルタント7年、化粧品メーカー2社で商品企画を経て、手掛けた商品が美容媒体にて13賞受賞。その後、株式会社La Shibuya Anelaを設立。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ