ビューティー

悪者と思われがちな「メラニン」の本当の役割って?

みなさん、こんちには。

美容家/ビューティープランナーの斎藤可奈子です。

 

前回、前々回と「紫外線カット成分」や日焼けしてしまったあとの正しいお肌のお手入れ方法に関してお話ししてきました。

今回は、美白やしみの話題には必ずといっていいほどでてくる「メラニン」のお話しをします。

 

「メラニン」と聞くとみなさんどのようなイメージがありますか?

シミを作る悪いイメージではないでしょうか?

 

もちろん、お肌が紫外線を浴びたり、ホルモンの関係などなどシミのできる原因は様々あり、そのシミをお肌の中で作るのが「メラニン」です。

しかし、元々「メラニン」とはお肌を紫外線からお肌を守るためにあるんです。

■本来の「メラニン」の役割とは?

 

本来「メラニン」とは私のお肌を紫外線から守るためにお肌の中に存在しています。

この「メラニン」を作る工場=「メラノサイト」の数によって、肌色も変わります。

たとえば…「メラノサイト」の数が多いと色黒な肌色。

「メラノサイト」の数が少ないと色白な肌色。

 

なので、元々「メラノサイト」の数が多いと紫外線からの抵抗に強いため、一般的にシミができにくいと言われています。

なので俗に言う『日焼けしやすい人』『日焼けしにくい人』というのもここに影響してきます。

■お肌にシミができてしまうメカニズム

 

シミの原因は主に紫外線と言われています。

ホルモンとの関係等、様々な要因があるので紫外線だけが原因とは一概に言えませんが、一般的にお肌が紫外線を浴びると、お肌の中でシミの原因の活性酸素が動きだして、「メラニン」を作っている「メラノサイト」という工場が活発に働きすぎてしまい次から次へと「メラニン」を作ってしまいます。

 

通常であればお肌を紫外線から守ってくれるはずの「メラニン」が作られすぎてしまい、それがお肌に残ってしまったのがシミなんです。

なので、「メラニン」自体が悪者でもなく、お肌の中からなくすというのは、不可能なんです。

 

 

美白ケアに必要なのは……

・いかに「メラノサイト」を活発にさせないか。

・作られすぎてしまった「メラニン」をどうやって抑制するか。

・いかに早くお肌から排出するか。

が大切なポイントです!!

 

次回は数ある美白ケアに効くと言われている有効成分に関してお話しします。

  • 斎藤 可奈子(美容家)

    某日本最大手化粧品メーカーにて、ビューティーコンサルタント7年、化粧品メーカー2社で商品企画を経て、手掛けた商品が美容媒体にて13賞受賞。その後、株式会社La Shibuya Anelaを設立。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ