ビューティー

よく耳にする「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の本当の違い知ってますか?

みなさん、こんちには。

美容家/ビューティープランナーの斎藤可奈子です。

 

そろそろ夏本番!!

みなさん気になる紫外線!!

キチンと正しい紫外線ケアはしていますか?

 

以前に、「正しい紫外線ケア」についてお話しさせて頂きましたが、今回は私たちのお肌を紫外線からキチンと守ってくれる「紫外線カット成分」に関してお話しさせて頂きたいと思います。

紫外線カット成分としてよく知られている、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」。

みなさんは、どちらが配合されている日焼け止めを購入していますか?

 

「紫外線散乱剤」というよりも「紫外線吸収剤フリー」や「ノンケミカル」といったものを目印にして購入するという方が大半だと思います。

では皆さんは「紫外線吸収剤フリー」や「ノンケミカル」の「紫外線散乱剤」が良くて「紫外線吸収剤」が悪いとされている理由をご存じでしょうか?

 

正しい知識を持たずに選んでいるという方はこれを機会に、正しい知識を身につけて、この夏から本当に自分に合った日焼け止め選びをしてみませんか?

■「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」とは?

 

「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」はどちらも紫外線カット成分ですが、紫外線を防ぐ方法が異なります。

 

・「紫外線吸収剤」とは…

紫外線を吸収すると熱や赤外線などのエネルギーに変化させて放出し、紫外線が皮膚へ浸透するのを防いでくれる成分。

 

・「紫外線散乱剤」とは…

紫外線を物理的な仕組みで反射・散乱させて、紫外線がお肌に入り込むのを防いでくれる成分。

この2つの成分にはそれぞれメリット・デメリットがあります。

 

「紫外線吸収剤」は、白くなりにくく塗った時に透明感があります。

そして高いSPFが出しやすいため、高い紫外線防御効果が期待できます。

 

元々、紫外線吸収剤にアレルギーを持っている人向けの対策として成分の1つ1つをコーティングして商品化されています。

この事が、誤った認識で出回ってしまった為、『紫外線吸収剤』があまり良くない物としてイメージを持たれているようです。

「紫外線散乱剤」は、肌にやさしいというイメージが強くノンケミカル処方の認知度が高い一方で、白くなりやすく、高いSPF効果が出ない為紫外線防御効果が低いというデメリットがあります。

 

最近では、アレルギーの方の対策としてこんな「紫外線吸収剤」も開発されています。

 

 

いかがでしたか?

こうしてみると、どちらにもメリットデメリットはでてきます。

 

単に「紫外線吸収剤」だけが悪いわけでもないのです。

キチンと正しい知識を持って自分に必要な日焼け止め選びができるようにしてください。

  • 斎藤 可奈子(美容家)

    某日本最大手化粧品メーカーにて、ビューティーコンサルタント7年、化粧品メーカー2社で商品企画を経て、手掛けた商品が美容媒体にて13賞受賞。その後、株式会社La Shibuya Anelaを設立。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ