ビューティー

梅雨の時期のメイクのポイント<ポイントメイク編>

みなさん、こんちには。
美容家/ビューティープランナーの斎藤可奈子です。

 

前回、崩れにくい「ベースメイクの作り方」をお話しさせて頂きましたが、今回は「メイキャップ」に関してお話しさせて頂きます。

 

 

梅雨の時期は「メイキャップ」も崩れがちですが、特に気になるのが「まつげ」
髪同様、湿気でせっかくキレイに仕上げた「まつげ」もしんなりとなりがちで、カール力も持続しません。

 

こんな時にしっかりとカール力が持続するのは、ウォータープルーフタイプのマスカラです。
ウォータープルーフタイプのマスカラは、パンダ目にならない・涙でにじまないという点はよく知られているのですが、実はカール力の持続にも効果的なんです。

 

ウォータープルーフタイプのマスカラは通常のマスカラに比べて、液体が少し硬くできているんです。
なので、マスカラをつけて乾いた時に、通常のマスカラよりもしっかりとキープしてくれるので、カール力がしっかりと持続されるんです。

 

なので梅雨や汗のかきやすい夏場はウォータープルーフタイプのマスカラをおすすめします。

 

 

しかし、最近では、便利なつけまつげやまつげエクステなども豊富にあって、マスカラだけを使用する人も昔に比べて減ってはきていますが、基本的な自まつげは大切です。

 

髪の毛のハリがなくなってしまうように、梅雨時期は特に、ハリもなくなってしまいます。
まつげ用の美容液などを使って、自分のまつげも維持してください。

 

次回は、今回のお話しにもでた「梅雨時期のヘアケア」についてお話しさせて頂きます。

  • 斎藤 可奈子(美容家)

    某日本最大手化粧品メーカーにて、ビューティーコンサルタント7年、化粧品メーカー2社で商品企画を経て、手掛けた商品が美容媒体にて13賞受賞。その後、株式会社La Shibuya Anelaを設立。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ