ステイホームによる髪ストレス

7割の女性がステイホームによる「髪ストレス」を実感

  • 更新日:2020/07/31

 新型コロナウイルスの感染拡大が再び心配されていることもあり、徹底した外出自粛を今も続けているという方は少なくないのでは? 中には美容院に行くことも控えている方もいらっしゃるかもしれません。今回ご紹介するのは、株式会社アデランスが実施したステイホーム期間中の髪に関する意識調査。どうやら男女問わず多くの人が髪に関するストレスを抱えているようです。


ステイホーム期間中、約7割の女性が髪のストレスを実感

 まず、外出自粛中に感じた髪に関するストレスについて尋ねたところ、過半数の方が何らかのストレスを感じていたと回答しました。男女別に見ると、特に女性の方がストレスを感じていた傾向が顕著に出ており、約7割の方が何らかのストレスがあったと感じているようです。


Q. 外出自粛中に感じた「髪」に関するストレスや問題はあります(ありました)か?「ある」と感じた方は、何がストレス/問題です(でした)か?当てはまるもの全てお答えください(複数回答/n=4888)

ステイホームによる髪ストレス

 また、具体的にどのようなことにストレスを感じていたのか内訳を見てみると、男女ともに「髪が伸びすぎた」と「白髪が目立つ」に大きなストレスを感じていたことがわかります。「ボリュームが出る/まとまらない」や「髪が染められずプリン髪になった」は女性の方が多い一方で、男性は「抜け毛が増えた」という回答が女性より多い結果となりました。


ステイホームによる髪ストレス

ステイホーム期間中、女性は髪のケア、男性は頭皮ケアを重視

 続いて、外出自粛中に行ったヘアケアについて尋ねたところ、男女ともに「ブラッシング」がトップとなり、気軽で基本的なケアを多くの方が心掛けていたことがわかります。

 女性では、「洗い流さないトリーメントやオイル」(39%)や「ヘアカラートリートメント」(14.8%)など髪に対するケアが男性より多かったのに対し、男性は「頭皮マッサージ」(22.3%)や「育毛剤/発毛剤」(16.1%)など、頭皮に対するケアが女性よりも多くなっています。


Q. 外出自粛中にどのような髪/頭皮のケアを行っています(いました)か?(複数回答/n=4888)

ステイホームによる髪ストレス

オンライン会議で最も見られているのは“部屋の中”

 新型コロナウイルスの感染予防のために、会議などはオンラインで行うことが推奨されている中、オンライン会議やリモート飲み会の際に、ついつい見てしまうことを尋ねたところ、服装や髪型といった身だしなみよりも「部屋の中」がトップとなりました。職場の同僚や上司、取引先など、普段は仕事の現場で会うことが多い人の部屋の様子や生活感は気になってしまうようです。次いで「服装」、「髪型」、「メイク」と、身だしなみに関する項目が続きます。特に「メイク」については、男女間での意識に違いが出ており、男性よりも女性の方が相手のメイクを気にしていることがわかります。


Q. オンライン会議、リモート飲み会を行った際、画面越しの相手に対して、ついつい見てしまうことや気になってしまうことはありますか?(複数回答/n=1769)

ステイホームによる髪ストレス

※「オンライン会議/リモート飲み会はしたことがない」と答えた方を除いた割合


 また、上記の質問では「オンライン会議/リモート飲み会はしたことがない」と答えた方も多く、3割程度しかオンライン会議やリモート飲み会を経験していないことがわかりました。


ステイホームによる髪ストレス

※上記の質問に対し、一つでも「見てしまう点・気になる点がある」と回答した方を、「オンライン会議/リモート会議経験有り」に分類


テレワークで女性の3割以上が身だしなみの時間が「減った」と回答

 新型コロナウイルスの影響で在宅勤務をされていた方に対し、身だしなみや身支度にかける時間に変化があったか尋ねたところ、3割以上の女性が「減った」と回答する結果に。

 また、「減った」と回答した女性に対し、平均で何分程度減ったかを尋ねたところ、18.9分程度という結果になりました。中には最大で100分程度減ったと回答した方も。


Q. 新型コロナの影響で在宅勤務をされている(いた)方にお聞きします。在宅勤務の際、メイクや髪型のセット等、身だしなみ・身支度にかける時間は新型コロナの影響で在宅勤務になる前に比べて変化はありましたか?(単一回答/n=1645)

ステイホームによる髪ストレス

※「在宅勤務はしていない」と答えた方を除く



 筆者も緊急事態宣言が出ている期間中は美容院も含めなるべく外出しないように心がけていたため、髪が伸び放題でたしかにストレスを感じていました。7月に入ってから感染者数が爆発的に増えていることもあり、自由に外出できない状況が続きますが、カラーリングやスカルプケアなど、いつもは美容院でやってもらうようなことを自宅でやってみる、というのも良いかもしれません。



【参考】

株式会社アデランス

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag