コスメの収納

ずっと頭を悩ます、コスメ収納問題。適切な量とトキメキの狭間。

  • 更新日:2020/07/19

「コスメの収納はどうしている?」


化粧品に興味をもち、収集癖も相まって、15年くらいコスメを追いかけています。しかしこの「コスメの収納をどうするか」に答えはまだ出ていません。何度、googleやSNS、はたまた古き時代の2chコスメ版で「メイク 収納」を検索したことか。


プロのようなメイクボックス、アクリルの引き出しでの「見える収納」、1軍をいれたポーチを洗面台に置く、ドレッサー的な場所を作る……などなど、正直様々な手段を試したと思います。


しかし、その瞬間瞬間はよくても、「これだ!」という答えは出ておらず、未だに「どうするべきか?」に悩んでいるわけです。本当に、みんなどうしてるの???


顔は一つしかないのに、増えていく小物たち

化粧品

洋服、靴、雑貨もですが、コスメも増えます。うっかりすると「気に入ったものの在庫」も後ろに積みあがります。まだ未開封のものもあるのに、新しいものや限定品が出ると気になってしまって購入し、はたと気が付くと「また似たような色を買ってしまった……」とうなだれることも多々あります。


昔は「好きなブランドの{任意のアイテム}を全種類揃えたい!」といった収集・コレクションの欲望もありましたが、今は少し落ち着いています。なのに、なのに!本当に気が付くと「あれ?」というくらい増えてしまうのが、コスメです。


現在は横80cm、深さ12cm、奥行40cm程度の引き出し1段程度に納めています。また、ここに入る量だけというのを一応決めていて、ネイルも含まれています。ただ、スキンケア類は高さ制限で入らないのと、あまり在庫を抱えはしないため除外しています。


引き出しの中に無印良品のポリプロピレン収納キャリーボックスを2個、他の仕切りかごも2個ほど使いながら納めている状況です。ですが、主に以下の視点から定期的に「これでいいのかしら?」「もっといい方法があるのでは?」という疑問が生まれます。


●もともと整理整頓が得意じゃないので、簡略化したい

●「よく使うもの」「たまに使うもの」で減るスピードに差がでて困る

●「あんまり使わないけれど、愛でたい枠」があり、捨てられない


私が富豪で豪邸に住んでいるのなら、コスメ収納及びお支度部屋を構えるのですが、こちとら日々の収納にも頭を悩ます賃貸暮らし。減らす・整理するなどをしないことには回りません。


基本の観点はSpark joy!あとは賞味期限の観点で。

化粧品の選別

減らす=使っていないものを捨てる、です。しかし「使っていないプチプラ」は心を鬼にして捨てることができても「使っていないデパコス」「使っていない限定品」「そこまで似合わないけれどかわいい色」などとおさらばするのは結構大変です。


こんまり先生よろしく「使わない=悪」ではなく「目で見て楽しい=ときめく」ものは残す形で仕分けます。


もう一つは「賞味期限」。正確には品質保持期限です。基本的には未開封で3年程度、開封後は半年~1年程度で使い切ることを推奨されています。気が付くと平気で「買ったの3年前じゃない?」みたいなものが出てきてしまうのがコスメの恐ろしいとろこです。


スキンケア系はもちろんのこと、ファンデーションなどは「これ、いつ買ったっけ?」となるものは捨てる、リップ・グロス系商品は古くなると石油っぽい香りが出ることがあり、そうなったら問答無用でポイします。


アイシャドウやチークなどは、正直素人目にはわからない&香りなどの変化に直面したことがないため、「まぁええやろ」という感じで持っているものは多数あります。ただ、ここでも「とりあえず」ではなく「これは持っていましょう」と心が決めたものを残すようにします。


色だったり、そのブランドの商品を持っていることだったりで、「いい」と思えるものは残せばいいし、使い込みが激しくなってきて劣化していたり、「こんなのあったっけ!?」と記憶の片隅にしまわれるほど機会がないものはサヨウナラします。


「ある」というだけでトキめいてしまう魔力

楽しいメイク

化粧品や、香水瓶など「使ってなくても、そこにあることで自分がアガる」アイテムはあります。


化粧品は、小さくてキラキラしており、そもそも自分を彩るアイテムなため、私にとってその傾向が強いです。部屋が狭いのでドレッサーはないわけですが、「身支度を整える場所」「美しく保たれた場所」は欲しい。あのブランドのアイテムが並ぶ様を保持していたい。そんな欲望は「必要最低限でちゃんと使う」ミニマルな暮らしへの憧れと同じくらい、強いものです。


正直、未だに軸足が定まらない「化粧品」との付き合い方ですが、「あることを忘れる」「劣化したものを使い続ける」は本来の目的から逸脱する使い方なので、その点はしっかりしていきたいです。



▼バックナンバー

・メイクがへたくそになった問題と、真夏のマスクメイクを考える


・ウィズコロナ時代のベースメイクは、「きれい」「きちんと」「楽」 のどれ?


・コロナ離婚が急増中!?家事分担は可視化・リスト化で片づけろ


・塗るのが億劫にならない「使いたい」UVケア製品4つをおススメするよ!


・強制在宅期間でお家再構築。変化を望むなら、巨大観葉植物を投入せよ


  • ぱぴこ (外資系OL ときどき ライター)

    外資系ときどき激務OL。オシャレとズボラの狭間に生息し、ストレスを課金で潰すことに余念がない。趣味はNetflix、お酒、豚を塩漬けにすること。目標はゆとりのある生活(物理)

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag