飲み会

飲み会で暴飲暴食を回避する方法30連発【栄養士監修】

  • 更新日:2020/03/21

飲み会は人間関係を潤滑にしてくれる大切な機会です。でも楽しいと、ついつい飲みすぎたり、食べ過ぎたりしがちですよね。そこで今日は「暴飲暴食を予防するための30の秘訣」を行く前、食べ方、飲み方に分けて、お伝えしたいと思います。


行く前編

しいたけの中華麺

1.空服で飲むと酔いやすくなるので、飲み会の前に牛乳やヨーグルトなどの乳製品を取ろう。

2.食べ過ぎ予防のために、ランチは抜かない。

3.嫌なことがあっても、飲み食いでストレスを解消しようとしない。

4. 飲み会が始まる前に飲むアルコールの量を決めておく。

5.食べ放題や飲み放題で元を取とろうとしない。

6.和食系の居酒屋を選ぶとは豆腐、魚、野菜など、低カロリーでおすすめ。

7.スマホを見ながらだと、どのくらい食べたか飲んだかわからなくなるので“ながら”はやめる。

8.帰る時間を決めておく。


飲み会に行く前から暴飲暴食を防ぐために、準備をしておきましょう。飲む前に乳製品をお腹に入れておくと、アルコールの穏やかになります。ランチを抜いて空腹過ぎると、食べ過ぎてしまいます。「今日は飲んでストレス解消」と意気込んでいると、飲み過ぎの原因に。ストレスは別の方法解消してください。「食べ、飲み放題」に注意。無理して飲まないようにしましょう。又、飲む量や帰る時間を決めておくと、飲み過ぎることもなく、二日酔いにもなりにくくなるはずです。


食事編

野菜グリル

9.最初に野菜料理を注文して、野菜を食べることで食べ過ぎを防ごう。

10.こんにゃく料理はカロリー、糖質ともに低く満腹感がでるのでおすすめなおつまみ

11.ごまは肝機能を高めるセサミノールが含まれているので、胡麻和えなどのごま料理を選ぼう。

12.から揚げなどの揚げ物は、2個までにしよう。

13.お刺身やカルパッチョはたんぱく質が豊富なのでおすすめ。

14.大豆製品、豆腐、がんもどき、厚揚げなどはたっぷり食べても大丈夫。

15.肉料理は焼き鳥、ローストビーフなど焼いた肉がおすすめ。

16.無意識に食べてしまうフライドポテトは10本までにしよう。

17.イカ、シジミ、ホタテは肝臓機能に働くタウリンが含まれているので積極的に摂取しよう。

18.鍋料理は野菜と具材でお腹を満たそう。

19.飲み会のシメはみそ汁やスープ。

20.枝豆はアルコールの代謝に必要なビタミン類、葉酸などを含むので、最適なおつまみ。

21.食欲は止まらなくなったら、店の外に出て深呼吸をする。

22.ピザやパスタが同時に出たら、どちらかにする。

23.デザートは食べない


食事の注意点としては、最初に野菜料理を食べる、早食いをしない、コンニャクや豆腐料理など、カロリーの低い食品で満腹感を出すようにします。から揚げ、フライドポテトは止まらなくなるので、最初に数を決めるといいですね。豆腐料理はたんぱく質も豊富で低脂肪、たくさん食べても安心な食品です。魚や肉は焼いたものだと、余分はカロリーを摂取せずにすみますよ。夜遅い時間のデザートはおすすめできません、食べるなら翌日のおやつの時間に食べてくださいね。


アルコール編

アルコール

24. 最初にチェイサーをグラスの横に置こう。

25. 飲むことよりも、おしゃべりに夢中になろう。

26. アルコール度数の高いお酒はストレートで飲まない。

27.お酒はおつまみを食べながら 、ゆっくりと飲むようにしよう。

28.カクテルや梅酒は飲みやすいので飲み過ぎてしまうのでやめよう。

29. グラスを空にすると、注がれてしまうのでグラスにお酒を残しておく。

30. ビール、ハイボール、ワインなどなど、何種類も飲むと、飲んだ量がわからなくなるので、2種類までにしよう。


個人差はありますが、体重60㎏の方がワイン一杯で飲むと、肝臓で分解するのに約3時間かかります。ゆっくり飲むためにも食べながら飲むことがベスト。梅酒やカクテルは口当たりが良く飲みやすいですよね、でも糖質もカロリーも多めなので、注意が必要です。お酒を何種類も飲んでいると、飲んだお酒の量が分からなくなってしまいますよね。ビールとワインなど、2種類くらいまでにしましょう。お水と飲みながらお酒を飲むと、悪酔いしにくくなり、アルコールによる脱水症状を予防してくれます。チェイサーの水は最初から最後までグラスの横に置いてくださいね。


ちなみに、2次会の暴飲暴食を予防するポイントは…

ミネラルウォーター

1.ラーメン屋さんの前は素通りしよう。

2.ソフトドリンク、ミネラルウォーターやお茶にする。

4.おつまみは野菜スティックがおすすめ。

5.カラオケに行ったら歌うことを楽しみ、待っている間は曲を選ぼう。

6.お酒を飲むならハイボールやチューハイなどを薄めにしてゆっくり飲む。

7.残ったお酒を無理に飲み干さない。


2次会でお酒を飲むなら、薄くしたハイボールなどがおすすめ。できれば、ノンアルコールドリンクやお茶、お水などにしましょう。おつまみも野菜スティックなどの軽いものにして下さい。ラーメンも食べたくなる頃だと思いますが、別の日のお昼などに食べてください。お店を出る直前に残ったお酒を飲み干す方を見かけますが、2次会ですので無理はしないようにしてくださいね。


いかがでしたか。暴飲暴食は体重増加の原因になります。気をつけるのがベストです。でも万が一、食べ過ぎたり飲み過ぎたりしたときは、翌日、翌々日の食事を軽くして、増えた体重を元に戻してくださいね。せっかくの飲み会、暴飲暴食を防いで、毎回楽しみましょう。


参考

酒飲みは酒をやめるとかえって早死にする

栄養の基本がわかる図解辞典

栄養成分の事典

あたらしい栄養学



▼栄養士監修の関連記事▼

春はもうすぐ、冬太りを持ち越さないための秘訣
何となく眠りづらい時に取り入れたいワンポイントアドバイス【栄養士監修】
ダイエットいらずの生活習慣7つ【栄養士監修】
ストレスを感じたら食べてほしい「ストレス解消食材」
免疫力を上げる食材とシンプルな生活習慣
  • 岡野ユミ (栄養士、美肌マイスター、アンチエイジングアドバイザー)

    「食べてきれいに痩せてリバウンドしない」をテーマに、若い女性から経営者まで広くダイエットを指導。溢れるダイエット情報を精査して、正確で信頼できるものを発信。体の中から美しくなる情報もお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag