プレスリリースワコール

ワコール直伝!お悩み別ブラの「選び方・つけ方」

  • 更新日:2019/12/21

 年齢とともに変化していく体型。もちろん「バストのシルエット」も例外ではありません。実際に株式会社ワコールが実施したアンケートによると、25~34歳の女性の半数以上が、20代前半と比べてシルエットの変化を感じていることが明らかになっているんです。

 今回は、ワコールが伝授するシルエット対策のカギと、下着の「選び方・付け方」をご紹介します!


20代前半と比べて、全員が「からだのシルエット」に変化を感じる

 まず、バストや他のパーツも含めた「からだのシルエット」の変化について質問をした結果がこちら。


プレスリリースワコール

「20 代前半の頃と比べて、からだのシルエットに変化を感じますか?」と聞いたところ、59%が「とても感じる」、41%が「やや感じる」と回答。合計していただくとわかると思いますが、なんと「まったく感じない」と回答した方は0人! 程度の差こそあれ、全員が何かしらシルエットの変化を感じていることが明らかになりました。このことから、アラサー世代の女性にとって、シルエットの変化は避けて通れない問題であることがわかります。

 また、半数以上(54%)は「体重は大きく変わっていないが、からだのシルエットは変化した」と回答。体重がキープできているにもかかわらず、からだのシルエットには変化が生じてしまった女性も少なくないようです。


バストのシルエットの変化を感じているのは7割以上

 続いて、「20代前半の頃と比べて、バストのシルエットやラインに変化を感じたことはありますか?」とバスト事情に切り込んだ質問をした結果を見てみましょう。


プレスリリースワコール

 実に73%が「ある」と回答しています。

 なお、具体的にバストのシルエットの変化を感じるシーンを聞くと、「浴室で鏡を見たときに垂れたと感じる」(28歳)、「タイトな服を着たときにバストの位置が下がったように感じる」(33歳)、「仰向けに寝たときに重力に負けているのを感じる」(32歳)、「胸の開いている服を着ると、胸の上が痩せこけて見栄えが悪い」(34歳)などの声があがっています。日常のふとした瞬間に、バストのシルエットの変化を感じる人が多いようです。


バストのシルエットの変化は下着で対策!?プロが伝授するポイント

 以上のアンケート結果から、バストのシルエットの変化を感じている人の多さが明らかとなりましたが、具体的にどうやって対策をすればよいのか分からないという方も多いのではないでしょうか?


 そこで、株式会社ワコールのビューティーアドバイザー・北原三知世(きたはら みちよ)さんが、バストのシルエットを美しく保つための方法を教えてくれています。


プレスリリースワコール

選ぶ下着で、シルエットは変わる! 洋服の着こなしにも影響するアイテム選び

 バストのシルエットをととのえるうえでは、まず「下着」選びにこだわることが重要です。

最近は、ラクな着用感の下着を好む女性が増えています。一方できれいに見せたい、美しくボディメイクをしたいというニーズもよく伺います。

 年齢を重ねたバストやシルエットの変化におすすめなのは、サイズと体型に合った下着選びです。補整力の高いブラジャーで、しっかりサポートして最大限にバストメイクすることもおすすめです。

ラクさを重視したい方は「補整力の高いノンワイヤーブラ」を選ぶとよいでしょう。ワイヤーがなくても、しっかりバストを包みこんで持ち上げてくれるアイテムを選べばシルエットは美しく見えます。

 自分に合った、補整力が高い下着をつけると、ニットやブラウスなど洋服を着たときのシルエットも大きく変わります。いつもと同じコーディネイトでも、スタイルがよく見えておしゃれに着こなせると思いますよ。


重要なのはサイズだけじゃない! タイプや悩みによっても変わる「適正なブラ」

 そして、バストのシルエット対策においては「購入場所」も重要です。インターネットなどでの購入の際も、年にぜひ一度は、試着が可能で、できれば下着選びのアドバイザーがいるお店で相談して選ぶようにしましょう。

 お客様の中には、自分のバストサイズを誤って認識している方も多くいらっしゃいます。また、バストのサイズや形は変化するものですので、以前に測ったことがあるからといって現在も同じサイズかどうかはわかりません。ブラジャーを購入する際には、お店で都度サイズを測って、自分のからだに合ったアイテムを選ぶことが重要です。

 さらに、サイズをきちんと測るだけではなく、ご自身のバストのお悩みを伝えてビューティーアドバイザーに選んでもらうのもおすすめ。バストは加齢などによって、形だけでなくやわらかさなども変化します。サイズは変わらなくても、加齢や揺れなどで下垂したバストは、合うブラジャーの形が変わっていきます。例えばバストの肉質がやわらかく、背中に肉が流れやすい人は、横に流れにくいホールド力の高いものを選ぶ必要があります。また、バストボリュームがある方は、サポート力の高いしっかり包みこむタイプや、すっきり見せるタイプもおすすめです。

 このように、直接、ビューティーアドバイザーとコミュニケーションをとりながら選ぶことで、バストのタイプやお悩みに合った、ご自身にぴったりのブラジャーが見つかりやすくなります。


店頭でのフィッティングで、正しい「ブラのつけ方」を学ぶことはバストケア(※1)につながる!

 店頭ではプロがフィッティングのコツも教えてくれます。同じブラジャーでも、フィッティング次第で、バストシルエットは大きく変わるはず。ブラジャーのフィッティングは「バストの底辺にワイヤーを合わせる」、「バストをカップにきれいにおさめる」など、さまざまなコツがあります。本やインターネットで見るだけではコツがわかりにくいので、お店で実際に試着してコツを教わるのが一番の近道です。

 また、サイズや体型、生活シーンに合ったブラジャーを、正しい着用方法でつけることは、バストケアにもつながります。自己流でブラジャーをつけている方は、ぜひ一度ビューティーアドバイザーに相談して正しいフィッティングを学んでみてください。(※2)

⇒参考URL


(※1)「バストケア」とは、からだのサイズを測って自分に合うブラをつけて、バストを重力から守ることです。

(※2)「ビューティーアドバイザー」の出勤状況は店舗により異なりますので、直接店舗にお問い合わせください。


シルエット対策におすすめのブラジャー2選

 シルエットの変化を自覚した女性たちにおすすめのブラジャーが、『LUXE BEAUTE(リュクスボーテ)』と『SUHADA ONE(スハダワン)』です。

『LUXE BEAUTE』はワコール史上最高のメイク力を誇るブラジャー。美しいバストシルエットをしっかりつくりたい人や、特別なイベントのときなどにおすすめです。

 一方の『SUHADA ONE』はノンワイヤーでありながら美しいバストラインにととのえます。よりラクで自然なつけごこちを重視する人のデイリーユースにぴったりです。


ワコール史上最高のメイク力『LUXE BEAUTE』

プレスリリースワコール

 ワコール史上最高のメイク力を誇る新しい補整ランジェリーグループ。“着やせシルエット”、“谷間メイク”、“デコルテアップ”と、なりたいシルエットに合わせた3 タイプのブラジャーを軸に展開しています。いずれのタイプも、脇が高い設計でサイドをすっきりさせながら、メイクされたバストを高い位置でしっかりキープできる機能を持ったブラジャーです。

⇒『LUXE BEAUTE』WEB サイトURL


ノンワイヤーでありながら美しいバストシルエットをつくる『SUHADA ONE』

プレスリリースワコール

 快適なつけごこちでありながら、しっかり安定して美しいシルエットをつくる“快適性×造形性”の新しい価値を提供する、新感覚のノンワイヤーブラジャー。ワイヤーの代わりに、カップとカップの間に内蔵された新開発の小さな樹脂フレーム“マイクロフレーム”でバストを持ち上げ、ふっくらデコルテメイクと高さのある美しいバストシルエットを実現。

 また、脇は“フラットフリーサイド”設計でからだになじんで、脇をすっきりきれいにととのえます。

⇒『SUHADA ONE』WEB サイトURL


※商品は、一部お取り扱いのない店舗もございます。



 ノンワイヤーブラやブラトップなどはたしかに楽なのですが、支えが弱い分シルエットの変形に繋がるかもしれないというのが難点ですよね。変化のペースは人それぞれだとは思いますが、バストのシルエットを美しく保ちたいという方は今回ご紹介した補整下着やワコールがすすめるブラ選びの方法などを試してみては?



【参考】

株式会社ワコール

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag