ビューティー

【今月の美人野菜】 5月 アスパラガス

 

こんにちは!野菜ソムリエ協会認定ベジフルビューティーアドバイザーの山口奈里子です。今月の美人野菜は、春を告げる野菜と呼ばれるアスパラガスをPICK UPしてみました。

 

アスパラガスは、南ヨーロッパやロシア南部が原産。紀元前から食用に栽培され、日本では明治期に北海道で栽培され始めました。国内産の旬は4月~6月で、春先が一番美味しくて、栄養も豊富です。

 

アスパラガスは、βカロテン(ビタミンA)・ビタミンC・Eや食物繊維が豊富に含まれる美人野菜!抗酸化作用のある色素成分のクロロフィル(葉緑素)や、発がん性物質の解毒に効果があるセレンやグルタチオン、他にもビタミンB1、B2、葉酸、カルシウムや鉄、亜鉛なども含まれています。
また、ほどよい苦み成分はルティン(蕎麦にも含まれている栄養素)は、毛細血管を丈夫にして、動脈硬化、高血圧にも効果が期待できます。
穂先に多いアスパラギン酸は、新陳代謝を促進、たんぱく質の合成を助け、美肌効果や疲労回復などの効能も。

 

美容ビタミンACE

アスパラガスの優秀なところは、美容ビタミンと呼ばれる、ビタミンA・C・E(ビタミンエース)をすべて含んでいること!これらは、一緒に摂取することで相乗効果を発揮してくれると言われています。
『βカロテン(ビタミンA)』・・・皮膚や粘膜を健康に保ち、眼の機能を正常に保ちます。
『ビタミンC』・・・肌のくすみやシミの原因になるメラニン色素の生成を抑え、コラーゲンの合成を助ける働きもあり、ハリのある健康的な素肌づくりに欠かせません。免疫力をアップして、ガンや生活習慣病を予防する効能も。
『ビタミンE』・・・別名「若返りのビタミン」とも呼ばれています。血行促進し、女性ホルモンのバランスを整え生殖機能を整えてくれます。冷え性や肩こり、生理痛、不妊などを改善する働きもあり、血液中コレステロールを減らす効果も。

 

<<期待出来る効能>>

美肌・アンチエイジング、抗酸化作用、血行・代謝促進、しみ・そばかす予防、コラーゲン育成粘膜を丈夫に、疲労回復、風邪予防、便秘解消、血行促進、ホルモンバランスを整える、など

 

◎美味しいアスパラガスの選び方◎

穂先がふっくらしていて、はかまが正三角形のもの、表面に縦筋がないものが甘くて美味しい。

 

◎保存方法◎

鮮度がおちると固くなります!霧吹きなどで湿らせて、新聞紙につつみ冷蔵庫で立てて保存しましょう。

 

おすすめレシピ

旬のアスパラガスは、ただ焼くだけでこんなに美味しい!!夏が近づき少し固くなってきたら、ゆでると良いでしょう。

 

■旬のアスパラガスのソテー■

材料(2人分)
グリーンアスパラガス 5~10本
オリーブオイル・・・ 大さじ1
塩、こしょう・・・適量
レモン・・・適量

 

① アスパラガスは下の硬い部分は切り落とし、適当な大きさに切る

 

② フライパンにオイルを熱し、アスパラガスをいれてソテーする

 

③ 2~3分炒めて、火が通ったら塩こしょうをし、盛りつける。

 

POINT

・ オリーブオイルの他、お好みのヴァージンオイルを代用しても良いでしょう。良質な油と合わせる事で、脂溶性ビタミン(βカロテン等)の吸収率UP!インカインチ等、オメガ3系の油は美肌効果抜群です。
・ コクを出したい場合はバターを少し加えて。
・ 調味料にこだわると、素材の旨味も格段にアップ!お気に入りの岩塩や引き立てのペッパー、スパイス等を使ってアレンジするのも◎

  • 山口 奈里子(モデル)

    ホリスティックビューティーの観点から"内外美容"を追求。ストレスフリーで持続可能な心と体の健康美を提唱。『ココロ・カラダ、キレイ』をモットーに、各種メディア出演、講演、レシピ監修を行い美の発信を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ