ビューティー

初夏は足元から女子力UP!自宅で簡単フットケア

皆様、GWはいかがでしたか?長い方は10日間もとれる方もいらっしゃるみたいですね。
旅行に行かれた方もたくさんいる のでは?
暖かくなってきて、オープントゥのパンプスやサンダルを履く機会も増えてきた頃かと思います。
私も最近ブーツをしまって、暖かい日を楽しむファッションに切り替えつつあります。
…となると、素足を人目にさらす機会も増えます。
素足のケア、忘れていませんか??
ハンドのケアは自分でも目につくので、ハンドクリームやオイルでケアしてる方は多いと思いますが、フットとなるとクリームを塗るとベタベタして滑る等、いろんな理由からなかなかお手入れをまめにできなかったりしませんか?
でも、乾燥の季節を過ごしてきた足はガサガサしていたりしてお手入れされるのを待っています。

 

今日は自宅でのフットケア方法をご紹介します!

 

 

 

 

まず最初に素足をエタノールで消毒します。

 

 

この時、リフレッシュ効果の高いものなどを利用してもいいかもしれません。
今回はこちらを使います。

 

 

足を消毒します。

 

 

次に角質を柔らかくするクリームを塗ります。

 

 

今回はOPIのソフテンクリームを使いますがソフテンクリームがない場合は液体石鹸をフットバスに数滴入れることで代用もできます。

 

 

 

クリームを足裏や甲に満遍なく塗ったらフットバスへ。

 

 

足がむくんでいたり、疲れている方は長めに入れてリラックスタイムを過ごしたり、気に入った香りの入浴剤などを入れてより効果的なリフレッシュするのもオススメ!

 

5分~10分ぐらい経ったら足をフットバスから出して、水気をふき取ります。

 

 

ソフテンクリームの効果で柔らかくなった角質をフットファイルで削っていきます。

 

 

軽石を利用されている方もいるかもしれませんが今日はファイルでケアしていきます。

 

ファイルはおろしたての時、目が粗いので足裏の中でも特に硬い部分から当てていくようにしましょう。

 

 

この際、足が濡れていたり、フットファイルが濡れすぎているとポロポロ落ちるはずのものが皮膚になでつけられてしまったり、ファイルの目を詰まらせてしまったりするのでフットファイルを水につけたら少しタオルで水気をおとしてから削っていきましょう。

 

お風呂場の中などでやると湿気が多いので、あまり濡れない場所でやると面白いぐらいポロポロと角質がとれますよ♪

 

 

注意しなくてはいけないのが

 

「削りすぎ」

 

ポロポロとれるのがついやみつきになってしまいがちですがあまり取りすぎると逆に痛めてしまうので適度なところでまた後日にしてください。

 

かかと、親指の付け根、土踏まずの上の膨らみの部分などが硬くなる方が多くみられるので硬くなったところを中心に、土踏まずや指の間なども軽くファイルを通すとスッキリします。

 

特に硬い部分を削るためにコーンカッターと呼ばれる道具があるんですがこちらはネイルスクールに通い、扱い方を習得した人以外の方の利用はできるだけ避けてください。

 

 

 

歯が、その名の通りカッターのようになっているので大怪我をしかねません!
自分でもとれないぐらいの硬い部分はフットケアサロンやネイルサロンにお願いしてくださいね。

 

削り終わったら、お湯で流すかホットタオルで拭い、保湿クリームを塗ります。

 

 

塗りながら、足裏を押すとマッサージ効果も期待できるので気持ちいいところをグイグイ!

 

今回使ったのはQTICAのスウィートシトラス。

OPIのAVOPLEも人気のクリームです。

 

その後、歩くときにべたついたりするのが気になる方はクリームの上からベビーパウダーを塗っておくとスベスベでマットに仕上がります。

 

 

 

足の裏がつるつるになったら、ハンドケアと同様にフットの甘皮も処理しておくとカラーリングやジェルがより映えると思います!

 

本格的に素足を出す前からフットのケア、忘れずにー!

  • 吉岡 妙子(ネイリスト)

    有名人を何人も手掛ける人気ネイリスト。

    成城大学卒業後、某大手化粧品会社にて営業、その後美容サプリメントのパッケージデザイン等を経て、ネイリストへ。サロンにてサロン経験、店長経験をつみ、独立。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ