ビューティー

知っていれば美肌の近道、自分の肌タイプ <脂性肌編>

みなさん、こんちには。
美容家/ビューティープランナーの斎藤可奈子です。

 

前回、前々回とお話しさせて頂いた「普通肌」「乾燥肌」は比較的、近いお肌タイプでしたが、今回は逆の「脂性肌」についてお話し致します。

 

まずは、「脂性肌」の大きな特徴は。

●潤いはあるが、べたつきやすい。

というのが大きな特徴です。

さらに詳しくお話しすると。

まずは、お肌タイプを分類する上でもっとも大切なバロメーター、水分量と皮脂量です。

これは、頬を基準にしてください。

●水分量/皮脂量ともに多い。

しっかりと潤いがあるのはとても良いことですが、同時に皮脂量も多い状態です。

 

次にキメの状態です。

●キメは粗いが比較的整い、角質層に水分が保持されている。

キメが粗いために毛穴が大きく目立ちやすいです。

そして、バリア機能。

●水分量と皮脂量が多いため、バリア機能は比較的正常な状態です。

しかし、皮脂量が過剰なため、べたつき・毛穴の開き・皮脂や汚れのつまり・ニキビの悩みが多いです。

 

そこで、「脂性肌」が気をつけるお手入れ方法をご紹介します。
「脂性肌」は、「普通肌」や「乾燥肌」と違って水分中心のお手入れではなく、水分は保持しつつ、大切なのは通常よりも過剰に分泌しがちな皮脂を抑えるか、取り除くかのどちらかです。

もちろんどちらも大切なことですが、まずは出やすくなってしまった皮脂を取り除くことから。

 

そんな「脂性肌」におすすめのアイテムが「ポアレスラボ マテラパウダー」です。
天然鉱石のマテラパウダーが、普段使っている洗顔に混ぜるだけで、過剰に分泌されてしまった皮脂をすっきりお肌から取り除いてくれます。

 

また、空気をたくさん含む性質があるために、同じ洗顔を使用しているのに、泡がいつもの2倍以上になり、弾力までもUPします。

泡がよりモコモコになることで、毛穴に詰まってしまった皮脂などもスッキリします。

毛穴に皮脂がつまるのを防ぐことにより、開きがちな毛穴も開きにくくなります。

そうすることによって、「脂性肌」での多い悩みを解消に導いてくれます。

そして、せっかくしっかりと保持できている水分も保てるように、保湿ケアも忘れずにしてください。

 

次回は、最後の肌タイプ1番難しい「混合肌」です。

 

 

◆◆自分の肌タイプ 関連記事◆◆
普通肌編
乾燥肌編
混合肌編

  • 斎藤 可奈子(美容家)

    某日本最大手化粧品メーカーにて、ビューティーコンサルタント7年、化粧品メーカー2社で商品企画を経て、手掛けた商品が美容媒体にて13賞受賞。その後、株式会社La Shibuya Anelaを設立。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ