ビューティー

知っていれば美肌の近道、自分の肌タイプ <普通肌編>

みなさん、こんちには。
美容家/ビューティープランナーの斎藤可奈子です。

 

前回、自分のお肌のタイプを知ることはとても大切です。とお話しさせて頂きました。
今回は、大きく分類すると4つのお肌のパターンわけられる肌タイプのさらに詳しい内容とおすすめのお手入れ方法をご紹介したいと思います。

 

まずは、最も理想ともされる「普通肌」の肌状態です。
●潤いはしっかりあるが、季節や環境の影響をうけやすい。
というのが大きな特徴です。
もっと詳しくお話しすると。。。

 

まず、肌タイプを見極める上で大切になってくるバロメーターが水分量と皮脂量です。
これは、頬を基準にしてください。
●水分量が適度にあり、皮脂量が少ない。
一番理想とされる状態です。簡単そうで、ここを保つのが難しいのですが。
次に、表面のキメの状態。
●キメが細かく整っている
毛穴は小さく目立つことなく、なめらかなお肌です。
これも女性の気になる肌悩みの上位ですよね。毛穴の目立たないお肌になりたいですね。
そして、バリア機能。
●水分と皮脂量のバランスが比較的整っているためバリア機能が正常に働きやすい。
これは、目で見ることは難しいですが、バリア機能が正常ということは、肌あれしづらいということです。バリア機能が正常でないと肌あれしやすくなってしまいます

 

しかし、良いことずくしの最も理想とされる「普通肌」ですが、もちろん気をつけなくてはならないこともあります。
それは、
●季節の影響や環境の変化をとても受けやすいということです。
変化しやすいため、その時の自分のお肌状態と向き合うことが大切なんです。
影響を受け、乾燥肌や脂性肌に変わりやすいのです。
とくに、季節の変わり目の今は気をつけるべき季節ですね。

 

では、そんな「普通肌」で気をつけるお手入れ方法をご紹介します。
まず、「普通肌」のお手入れで大切なのは、季節によってしっかりとスキンケアを見直すということです。
乾燥しがちな冬と皮脂がでやすい夏では「普通肌」はとくに、お肌も変化します。
顔を洗ってお肌に触れる時。
お化粧をする時など、いつもより自分のお肌を気にしてみてください。
少しいつもより乾燥しているな。
毛穴が目立つかも。。。
などなど小さい変化を見落とさないことが、理想的なお肌を保つ秘訣です。

 

おすすめアイテムは、「タカミ スキンピール」
これは、あらゆるお肌に大切なんですが、お肌の土台をしっかり整える効果があるので、
お肌の状態を整え、バリア機能を常に正常に保つように導いてくれます。
気になる方はチェックしてみてください。

 

次回は、多くの女性が悩んでいる「乾燥肌」についてご紹介します。

 

 

◆◆自分の肌タイプ 関連記事◆◆
乾燥肌編
脂性肌編
混合肌編

  • 斎藤 可奈子(美容家)

    某日本最大手化粧品メーカーにて、ビューティーコンサルタント7年、化粧品メーカー2社で商品企画を経て、手掛けた商品が美容媒体にて13賞受賞。その後、株式会社La Shibuya Anelaを設立。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ