プレスリリース女性の6割が夏の肌ケアを後悔

女性の6割が夏の肌ケアを後悔!?秋冬のケアで意識すべきは……?

  • 更新日:2019/09/21

 皆さん、今年の夏は紫外線対策バッチリでしたか? 7月まで梅雨が長引いたため例年よりも涼しい気候でしたが、梅雨が明けてからの猛暑の追い込みがすごかったですよね。そんな夏も終わったこの時期、株式会社ジュン・コスメティックが実施した調査によると、夏の肌ケアに後悔している人が思いの外多く存在することが判明。「夏の肌ケアの後悔と秋冬への準備」に関する気になる調査結果をご紹介していきます。


約6割が夏の肌ケアに後悔。後悔している理由は?

 まず、冒頭でも触れた「夏の肌ケアに関する後悔」について質問した結果を見てみましょう。


夏の肌ケアの後悔

 なんと『はい』という回答が6割近く集まりました。

 さらに『はい』と回答された方に、「どのような後悔がありますか?」と聞いてみると、『シミができた・増えた』という回答が約4割と最も多く、次いで『日焼けし、肌荒れや肌が黒くなった』『毛穴が目立つようになった』『うるおいがなくなった』『ハリ・ツヤがなくなった』と続きました。


 夏の強い紫外線が影響し、シミや肌荒れの原因となってしまっている方が多いようです。トラブルが起きたお肌は、くすみやすく疲れたように見えてしまうことも。夏の肌ケアに後悔がある方は、すぐに対策を始めることが大切です。


これからの秋冬商品に求めること第1位は……?

 夏の肌ケアの後悔を引きずらないために、秋冬の準備と対策は早めにしていきたいところ。ということで続いての質問は「秋冬の肌ケア商品に求める効果」について。


秋冬のケア商品に求める効果

 最も多かったのは『保湿』で6割以上という結果に。2位の『美白』と比べても3倍近い差がついており、圧倒的に『保湿』を求めている方が多いことが分かります。


 秋から冬にかけては、乾燥が原因で肌トラブルが引き起こされやすい季節。それに加えて、夏の紫外線が原因で肌荒れを起こしたり、うるおいがなくなったりと、お肌のコンディションが悪い状態の場合、秋冬の乾燥にさらに影響を与えやすくなるため、夏の終わりからは何よりも保湿ケアが必須と言えるでしょう。


 また、お肌の乾燥はくすみ・シワ・たるみを引き起こす原因となり、慢性的に続くとお肌のキメまで乱れてしまいます。

 反対に、お肌が十分にうるおっていると紫外線の刺激を受けにくくなるため、保湿することで美白・ハリ効果が得られやすくなります。美白やハリ効果も求めている方は、より一層保湿ケアが大切ということですね。


肌ケア商品を購入する時に重要視するポイント

 次に、「肌ケア商品を購入する際に重要視するポイント」について質問したところ、以下のような結果となりました。


肌ケア商品を購入するときに重視するポイント

 やはりというべきか『自分の肌に合う』ことを重要視している人が多いようで、約6割の人が選択しています。次いで2位3位には『効果の高さ』『肌へのやさしさ』がランクイン。


 「効果が高い」「お肌に優しい」と言われている商品でも、自分の肌に合わないことはよくあることですよね。また、ダメージが蓄積されることで"ゆらぎ肌"になることもありますので、ご自身に合った商品を使い、ダメージケアをしっかりすることが重要と言えるでしょう。


 最後に、「あったらいいと思う秋冬の肌ケア商品(スキンケア、ボディケア等)を教えてください」と質問した結果、


・『お値打ちな保湿ボディクリーム』(愛知県/会社員/40代)

・『保湿が十分にでき、美肌も期待できるスキンケアとボディケア』(東京都/会社員/30代)

・『保湿に特化しているけど重くないテクスチャーのクリームやジェル』(神奈川県/パート・アルバイト/20代)


などの意見が見られたそうです。


 様々なニーズがあるようですが、やはり、保湿を重要としている方が多いからこそ、あったらいいと思う肌ケア商品にも保湿を求める方が多いことが分かりました。

 夏の肌ケアの後悔を残さず、本格的な乾燥の時期を迎える前に、ご自身のお肌に合ったケア商品を探してみてはいかがでしょうか。


今秋新商品「オーガニコジェルクリーム」でお肌にうるおいを

 そこで株式会社ジュン・コスメティックがおすすめするのが『オーガニコジェルクリーム』


オーガニコジェルクリーム

 オーガニック認証オイル・エキス配合の無添加ジェルクリーム(着色料・鉱物油・アルコール・シリコン・動物由来原料・紫外線吸収剤・石油系界面活性剤 無添加)で、ベタつかず保湿ケアすることができます。


 お肌と同じ弱酸性、オーガニックのイメ―ジでもある無添加処方にこだわっています。

 甘草由来の保湿成分「グリチルリチン酸2カリウム」は肌荒れを抑える効果が期待でき、夏の紫外線やこれからの乾燥によるお肌へのダメージが気になる方におすすめです。また、植物由来のアミノ酸系保湿成分「ベタイン」は保湿力が高く、お肌に柔軟性を与え、うるおいが続く美肌に導きます。


 全身に使用できるため、乾燥が気になる部分を重点的にケアができ、マッサージしながらお肌にうるおいを与えることができます。


フラワージェルクリーム

「オーガニコ フラワージェルクリーム」

●6種類のオーガニック認証成分配合

オイル(3種)…バオバブオイル、シアバター、ホホバオイル

エキス(3種)…ダマスクバラエキス、カミツレエキス、マリーゴールドエキス

●はりツヤ肌へ

●7つの無添加処方(着色料・鉱物油・アルコール・シリコン・動物由来原料・紫外線吸収剤・石油系界面活性剤)

●乾燥したお肌に、マッサージに、お風呂上がりに全身にお使いいただけます

●弱酸性・フローラルの香り

●容量150g


フルーツジェルクリーム

「オーガニコ フルーツジェルクリーム」

●6種類のオーガニック認証成分配合

オイル(4種)…ザクロオイル、タイガーナッツオイル、シアバター、ホホバオイル

エキス(2種)…イチゴエキス、ビルベリーエキス

●ぷるモチ肌へ

●7つの無添加処方(着色料・鉱物油・アルコール・シリコン・動物由来原料・紫外線吸収剤・石油系界面活性剤)

●乾燥したお肌に、マッサージに、お風呂上がりに全身にお使いいただけます

●弱酸性・ベリーの香り

●容量150g



 夏は日焼け止めクリームや日傘を使って紫外線対策をばっちりされていた方が多いと思いますが、これからの季節の敵は“乾燥”。くすみ・シワ・たるみを引き起こす原因にもなるということで、乾燥に負けない潤いのある肌を目指していきたいですね。



参考

株式会社ジュン・コスメティック

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag