プレスリリース毛穴悩みを悪化させる実はNGなケアとは?

毛穴悩みが悪化!?美容皮膚科医が教える「実はNG」な毛穴ケア

  • 更新日:2019/08/01

 夏になると気になるのが毛穴の悩みですよね。黒ずみや、ポツポツ、開きなど毛穴にまつわる女性たちの悩みは事欠きません。そうした悩みを解決すべく、日頃から毛穴ケアを実践している女性は多いと思いますが、案外やりがちなあの行為が毛穴の悩みを加速させているかも……!?

 今回は、株式会社ドクターシーラボが教える、美容皮膚科医から見たNGな毛穴ケアをご紹介したいと思います。


約半数が、間違ったケアで「さらに黒ずんだ」「開いてしまった」と後悔

 肌の悩みとしてよく上位にランクインする毛穴に関する悩み。だからこそ意識してケアをしているという人も多いですが、その中にはあまりおすすめできない自己流のものも。では、過去に行った自己流の毛穴ケアで、後悔したことがあるという人はどれくらいいるのでしょうか?


過去に行った毛穴ケアで後悔したことのある人の割合は? 毛穴ケアをすることで見られた問題

 なんと過去に行った毛穴ケアで後悔したことのあるという人は、3人に1人も。後悔したという毛穴ケアの気になる内容はというと、「剥がすタイプのパックの使用」や「無理やり角栓を押し出す」などが多く、その後一層毛穴が黒ずんだり、開きを実感したという人も半数以上いることが明らかになりました。


あなたの対策は問題ない? NG毛穴ケアを一挙公開!

 女性の皆さんが良かれと思って行っている毛穴ケアの数々ですが、その方法が本当に有効なのか、効果のある毛穴ケアは何かをドクターが解説しています。


シロノクリニック院長

Q1 剥がすタイプの毛穴パックは良くない?

 剥がすタイプの毛穴パックをすると物理的にすっきりしますがその後に引き締め・保湿といった正しいケアをしないと、無理に毛穴を広げることで毛穴が開きっぱなしになる可能性があり、また汚れだけでなく肌のバリア機能に必要な角質までも剥がしてしまうため、外的刺激を受けやすくなります。

 結果、うるおいを保つ機能も失われるため乾燥状態に陥り、皮脂がさらに出て余計に毛穴が開いたり、肌あれを起こしたりします。同様の理由から、「ゴシゴシと洗顔すること」や「指で角栓を押し出す」等も医師としておすすめしません。


Q2 NGな毛穴ケアは?

 以下の方法は毛穴悩みをさらに深刻にしたり、新たな肌トラブルを招くため行わないように注意してください。


■ファンデーションの厚塗り

メイク料と皮脂が混ざることで毛穴詰まりの原因に。押し込んだりせず薄付きでもカバー力の高いものを使用しましょう。

■メイクを落とさない

汚れや皮脂が蓄積し、肌の新陳代謝が低下。くすみや、乾燥など多くの肌トラブルの原因となるので、しっかりと丁寧な洗顔を。

■UVケアをしない

肌老化の8割は紫外線によるもの。たるみや乾燥、皮脂過剰を招くため、日焼け止めは毎日必須です。

■ニキビに触れる

刺激を与えることで炎症を起こしている部分が悪化。出来る限り触らずに丁寧なスキンケアを心掛けましょう。


Q3 具体的にどんなスキンケアをしたほうが良いですか?

 汚れを落とす丁寧な洗顔に加え、「肌を引き締めて毛穴を閉じる」「保湿で予防」することが大切。そのため、洗顔後は皮脂の抑制・角質の除去・保湿・引き締めを叶えるアイテムを使用することが効果的です。


毛穴ケアに関する結論

 汚れをきちんと落とすクレンジング・洗顔に加え、皮脂の抑制・角質の除去・保湿・引き締めを叶えるスキンケアアイテムの使用をおすすめします。


■ 「毛穴の正しいスキンケア」に関する動画はこちらをチェック



 剥がした後のスッキリ感とパックについた角栓を見るのが好きで、筆者もついつい“毛穴パック”をやってしまっていました。ただ、毛穴パックをした後、引き締めや保湿といった正しいケアをしないことが毛穴の開きなどに繋がる可能性がある、とのことだったので、毛穴パックが全面的にNGというわけでもないよう。使用したいという場合は、正しいケアを心がける必要がありそうです。



【参考】

株式会社ドクターシーラボ

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag