お酒

アルコール頂上決戦!カロリーor糖質 どっちでダイエット?#8

  • 更新日:2019/06/15

お酒を飲むときに“ビールって太りそう”、“ウィスキーなら飲んでも大丈夫そう”そんな風に考えている方も多いと思いますが、本当にそうなのでしょうか。実際、糖質が0gでも意外とカロリーの高いお酒もあります。そこで、今回はアルコールの糖質とカロリーランキングをご紹介したいと思います。


ウィスキーや焼酎は糖質が0g

糖質の高いアルコール

糖質のランキングを見ていただくとわかるように、焼酎やウィスキーだけなく、ブランデーやウォッカも糖質は0gとなっていますね。ジンも糖質は微量しか含まれていません。糖質制限するダイエットをしている方にはおすすめのアルコールです。ウィスキーを炭酸で割ったハイボール、焼酎のロックや炭酸水、ウーロン茶、緑茶で割りましょう。ちなみに、缶のハイボールの糖質は0gではなく、350mlで8.4g含有。覚えておいてくださいね。


赤ワインの糖質は低め

ワインなら、赤ワインでも白ワインでもロゼワインでも糖質は同じだと思っていませんか。それぞれ糖質は違ってきます。赤ワインは1.5g/100mlと一番低く、次に低いのは、白ワインの2.0g/100mlです。ロゼワインは一番糖質が高く、4.0g/100mlと赤ワインの倍以上も糖質を含んでいます。糖質を気にされている方は赤ワインがベターです。


梅酒の糖質はダントツに糖質を多い

表の一番上を見てください。梅酒だけ突出して高い数値になっていますね。20.7g/100mlという数値は2位の紹興酒5.1g/100mlの約4倍の数値。梅酒は焼酎にたくさんのお砂糖を入れて、梅と一緒に漬け込みます。糖質は当然高くなってきますね。質を制限しているダイエッターは避けたいアルコールですね。


意外!ジン、ウォッカはカロリーに注意

カロリーの高いお酒

カロリーの1位をみていただくと、糖質が0.1g/100mlのジンがトップです。カロリーも284kcal/100mlとハイカロリー。その他にもウォッカが240kcal/100ml、ウィスキーとブランデーは237kcal/100mlと高めになっています。炭酸で作るハイボールはでもウィスキーの量が多いとカロリーも多くなります。カロリーを控えたい方は選びたくないですね。


カロリーで見ると梅酒は低ポイント

トロっとした梅酒は甘くて飲みやすいアルコール。糖質が高いのですが、カロリーは156kcal/100mlです。焼酎(45度以下)206kcal/100mlよりも低い数値になります。口当たりがよく飲み過ぎてしまう傾向にありますので、くれぐれも飲み過ぎないようにしましょうね。


100mlあたりでカロリーが一番低いのはビール

ビール腹という言葉があるように、ビールは太るというイメージがありますが、意外にもカロリーは低い数値、黒ビールで46kcal/100ml、ビールは40kcal/100mlと一番低い数値になっています。缶ビール350mlですと、約144kcal。ビールと言えば、100mlだけ飲むのは考えにくいので頭の片隅に入れておいてくださいね。

お酒

アルコールは、実は分子量が小さく、体に吸収されることなく分解され、汗や尿として体の外に排出されてしまいますが、飲みながら食べているとどのくらい食べたのかがわからなくなり、食べ過ぎの原因になってしまます。また飲み過ぎにより肝臓に負担もかけてしまいますので、ほどほどの量にとどめておきましょう。日本酒なら1合、ワインなら4/1本、グラス2杯、焼酎は0.6合、ビールは大瓶1本633mlまでが適量とされています。量ではなく楽しくおしゃべりをしながら飲みましょう。


参考

・ 糖質早わかり 女子栄養大学

・栄養の基礎がわかる図解辞典

・外食・コンビニ・総菜のカロリーガイド

・食品成分表2017

・キリンビール(缶ホワイトホースハイボール350ml)



■カロリーor糖質シリーズ

»ドレッシング編はコチラ

»ドリンク編はコチラ

»フルーツ編はコチラ

»鍋つゆ編はコチラ

»寿司ネタ編はコチラ

»パスタ編はコチラ

»ハンバーガー編はコチラ


▼栄養士監修の関連記事▼

あなたが太る原因はコレ!“タイプ別太る習慣をやめる方法”
ストレスを感じたら食べてほしい「ストレス解消食材」
免疫力を上げる食材とシンプルな生活習慣
意外だけどアイスクリームが良い! 栄養士が教える風邪ごはんの基本
冷えを防ぐ食べ物と気をつけたい生活習慣

  • 岡野ユミ (栄養士、美肌マイスター、アンチエイジングアドバイザー)

    「食べてきれいに痩せてリバウンドしない」をテーマに、若い女性から経営者まで広くダイエットを指導。溢れるダイエット情報を精査して、正確で信頼できるものを発信。体の中から美しくなる情報もお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag